アイプチの危険性

アイプチの危険性

愛用していたアイプチですが、危険性もかなりあります。

私自身もそうでしたが、まぶたが腫れてしまったり赤くなったりします。皮膚の弱い方ですと接着剤が肌に合わず荒れてしまいます。

まぶたが腫れて赤くなって、薬を塗らずに使い続けると今度はただれてしまいます。
そうなると皮膚科の助けを借りねばならない事態になります。

それでも二重のまぶたになりたい、なんとか自力で二重になりたいと思うのが乙女心なんですがね。

まず、お肌の弱い方は自覚していらっしゃるかとは思います。その上でアイプチを使用しているのだとは思います。

荒れないためにも、アイプチを使用する前にワセリンなどの保護クリームを塗ることもお勧めします。

肌の弱くない方でも、まぶたの皮膚は薄くて非常にデリケートです。少し擦っただけで赤くなってしまいます。

敏感肌ではない方にも、アイプチを使い続けるためにも保護クリームは使ったほうが良いかと思います。

しかし保護クリームを塗ると滑ります。そうなんです、保護したいけれど今度はアイプチがうまく付かないことになります。

そんな堂々巡りの中、何とか試行錯誤して編み出した結果が、まずワセリンを塗る前にしっかり化粧水をまぶたに付けます。

保湿を十分に行うことによって、多少アイプチの肌荒れから肌を守ることができます。

そして十分に保湿した後、ワセリンなどの保護クリームを塗ります。そのまま上からアイプチの接着剤を付けると滑ります。

なので、軽くティッシュで抑えます。少し油分を取ってあげれば、接着剤は付くし保護はされるし完璧です。

自力で二重になりたい女性は頑張ってしまいがちですが、体をいたわりつつおしゃれを楽しむと良いですね。

[PR]
通販口コミレビュー
リアルラゾン
シトリス