アイプチのコツ

アイプチのコツ

さてアイプチには、プッシャーというまぶたを押し上げる小さな棒が 付属で付いています。

私はこのプッシャーが上手く使いこなせていませんでした。
これが使えないとちゃんと綺麗な二重のまぶたになりません。

アイプチを上手く使いこなせない方の多くは、まぶたの中心位置でまぶたを上に押し上げているかと思います。

実際私もその一人でした。そしてまた研究を重ね編み出した技が、まぶたを押し上げる位置だということに気づきました。

まぶたの中心で押し上げると、プッシャーがまぶたに巻き込まれてしまう確立が高いです。

こうなってしまうと、アイプチの白い液が偏ったまま乾いてきて汚い仕上がりになってしまいます。

どうしても巻き込んだプッシャーを無理やりはがすこととなり、接着剤が乾いているところへ触ってしまうのでよれてしまいます。

そこで考えた技が、まぶたの中心で押し上げるのではなく目じりで押し上げる方法です。

アイプチの接着剤はまぶたの中心に塗ったままで、プッシャーで押し上げるのは目じりで行います。

まぶたの中心は軽く持ち上げる程度なので、軽くプッシャーで押し上げます。あくまで軽く触る程度がポイントです。

最初は慣れないかと思いますので、まぶたの中心部分を軽く押し上げるのはつまようじでも良いかと思います。

後は自然に整えれば完成です。

私の何とかして自力で二重のまぶたにしたいという執念はすさまじいものでした。

この自力という部分にこだわりすぎているかと思いますが、綺麗な二重になった時は非常に一日が楽しいです。

[PR]
ヘアーアイロン
通販激安口コミ情報
ドライバーの飛距離アップ ゴルフ

さらにアイプチのコツ

アイプチを上手く使いこなし自力かつ自分のものにするためには、コツをつかみ自分のものにすることが大切です。

何度も失敗を重ねながら自力で編み出した良い方法です。

まず、まぶたの皮膚が二重になるように貼り合わせます。目をカッと見開いて二重を作ってみましょう。

そして次にまぶたにできたヒダを織り込ませるように、二重の幅に接着剤の液体を塗ります。

最初私は接着剤を塗ってから目を見開き二重にしていました。そうするとせっかく塗った接着剤がよれてしまうのと、二重にしたい位置がずれてしまう難点がありました。

しかしこの方法によって問題点が解消された気がします。

接着剤を塗る筆は細部まで塗りやすいようにカットされています。
ですので目を閉じても違和感のない二重に仕上がります。

ただしこの接着剤を塗る範囲と量は最小限にすることが、アイプチを上手く使いこなす上でのポイントです。

接着剤は乾くと透明になる仕組みになっていますが、この量が多いと白く固まってしまいます。
これが見えるとアイプチを使用していることが周囲にわかってしまいます。

自力で二重になるためには多少の失敗もあるかと思いますが、なるべくは避けたいですよね。

肌荒れ防止のためにも、接着剤は少なめがいいですね。そしてアイプチを取る時には専用のリムーバーで落とすことをお勧めします。

無理に擦ったり剥がしたりすると肌荒れの原因になってしまいます。専用のリムーバーでなくとも、クレンジングで優しく落とすことも可能です。

落とした後は化粧水やクリームなどでの保湿をお忘れなく。