二重まぶたの構造

二重まぶたの構造

奥二重の私が何としてでも自力で二重にしたい!

そんな想いが募り募って調べ上げたのが「二重まぶたと一重まぶたの、"まぶたの作り"の違い」でした。

そこに何かヒントがあるかもしれないと思い、できることは何でもしてみようと決めました。

一口に言ってしまえば遺伝が大きいのですが、テレビに出てくる美人の女性は皆さん二重まぶたです。

しかもくっきりとした綺麗な二重のまぶたです。それが生まれ持った物なのか、自力でなった物なのか、はたまた人工的な物なのかは定かではないですが。

さてさて、少々堅苦しい専門用語が並びますが、まぶたの中には「瞼板」が眼瞼挙筋によって持ち上げられます。

二重まぶたの人は、この「瞼板」とまぶたの皮膚との間に癒着がある状態なのです。

したがって瞼板とまぶたの皮膚に癒着があるので、目を開けた状態の時に瞼板と一緒にまぶたの皮膚も引っ張られるのです。
そのため、まぶたにくびれができるため二重のまぶたになります。

逆に考えると、一重の方は瞼板とまぶたの癒着がないため、目を開けた時に瞼板のみが引き上げられるのでくびれができません。

ここまで調べて納得はしましたが、瞼板とまぶたの癒着を自力で行うことは困難です。
やはりアイプチやまぶたのマッサージは欠かせませんね。

後は、二重まぶたにも種類があり、末広型と平行型があります。末広型は日本人に多く平行型はまぶたのラインがくっきりとしています。

末広型は西洋人に多いので、彫りの深いはっきりとした顔立ちになっているのでしょうか。

[PR]
ヴァリオスの効果 ヘアーアイロン 皇潤割引き激安 クレア ダイエット効果