暇さえあれば二重ラインの癖付け

暇さえあれば二重ラインの癖付け

時間をかけてでもいいから二重まぶたにしたい。そんな方は数多くいらっしゃるでしょう。整形手術をしたという事実を残したくないのです。

そんな私もその一人です。時間をかけてでも自力で自然に二重のまぶたを手に入れたいのです。
そのためには日々努力を惜しみません。

まず、人目の付かない場所では目をカッと見開きまぶたの筋肉を鍛えます。脂肪も落としたいのでその目的でもあります。

カッと見開くと二重になる筋が付きます。見開き終わってからも数秒間は二重まぶたをキープできます。

とにかく二重のラインを付けることを目標とします。まぶたに二重のラインを作る時間を増やします。

暇さえあればカッと見開きますが、人前でやらないよう注意も必要です。

あとは目を見開くとどうしてもおでこにしわがよります。それが気になる方はおでこもマッサージした方が良さそうです。

私は目を見開いた後、眉間にしわを寄せて二重まぶたを数秒間キープしています。

このようにして何も使わず二重まぶたのラインを作りつつ、時間のある時には指でラインを作るマッサージも行っています。

アイプチの接着感が多少残っていると、さらにキープできる時間も長くなりますね。

整形手術をしてしまえば早くて簡単なのでしょうが、あくまで自力で自然な形を目標としているため、ここまで努力を惜しみません。

二重の幅が狭くても、キュッと持ち上がったまぶたはとても魅力的です。
ビューラーで持ち上げたまつげが綺麗にカールしたまま、というのは永遠の憧れです。

[PR]
アクアコラーゲンゲルスーパーモイスチャー
皇潤(こうじゅん) 通関士試験
レディーズプエラリア99%シスター