プチ整形の医師選び

プチ整形の医師選び

プチ整形において医師選びは重要です。これは美容整形に限ったことではないですが。

内科や外科の医師にも勉強不足の医師はいます。実際私はそんな勉強不足の内科医に当たり大変な思いをしました。

医療は常に進んでいます。発達しているということを忘れ、己の知識だけを頼りに意固地になっている医師はお勧めできません。

そして美容整形に関しては治療全般言える事ですが、医師や医療機関に治療に関しての取り組みに大変差があるということです。

美容整形の治療の多くは、医師が欧米の動向などを参考に勉強しています。
個人的に機材や材料を輸入している医師が殆どです。

そしてその機材を使って整形手術をしているといったのが現状です。
日本の医師法では、医師の責任下で患者の同意があれば基本的にはどんな治療も可となっています。

美容整形でも比較的安全性の高い治療とはいえ、欧米の知識がどこまで日本人に対応できるのかも心配です。

日本人にどのように適合させることが一番良いのかということは、医師によって差が出てくるでしょう。中にはあまり勉強熱心な医師もいないかもしれません。

プチ整形とはいえ、治療法の良し悪しや医師の取り組み方、経験や知識が重要な成功要素になるでしょう。

一番大切なのは、患者の求めていることを十分理解してくれる、話を聞いてくれることが大切です。

そしてその希望にあった治療法を提示してくれ、安全性を十分に検証し、アフターフォローも万全な医師、医院が良いですね。

自力で二重のまぶたを手に入れることは困難です。

ですが、そろそろ自力は疲れたわ、簡単に二重のまぶたを手に入れたいわ、といった方は慎重に医師選びをお願いします。

シーフコイダン 皇潤 柑気楼