クラウド保管倉庫、写真アルバム倉庫の利用
 安倍 08/3  16/5/1 改


クラウド倉庫の利便性

クラウド倉庫を無料で使う場合の結論(私個人)    (Yahoo, Amazon は試験せず)

クラウド倉庫比較表 → こちら

・クラウド倉庫を使った大容量ファイルの共有/伝達についてはこちら参照

  Google ドライブ

GoogleDrive を下記からダウンロードすれば自分のHDと同じ感覚で使用できる。 
GoogleDrive入口 ログイン https://www.google.com/intl/ja_jp/drive/

UPload: GoogleドライブのURLからアクセス → 新規 → フォルダ → Drag&Drop
並び替え: フォルダを表示して並び替えアイコン

アイコン経由ドライブ(疑似PCドライブ)と、URL経由ドライブ(マイドライブ)の同期
この設定手順はWindows Ver.やPCの状態によって違うようで少々ややこしい。
(サインインした状態で)
・アイコンドライブをクリック(起動) → 左窓内の「Google ドライブのアイコン付を右クリック → プルダウンメニュー内の「Google ドライブ」にマウスON → 
→ 「設定」(※)をクリック → 新たに窓が表示(既存窓の裏側になる場合あり注意) → この窓内の「同期オプション」でマイドライブとの同期設定ができる。

・(※)この「設定」表示がない時:
画面右下のタスクバーにあるGoogleDriveアイコンをクリック → ウエブ上のGoogleDriveにアクセス → 「・・・」をクリック → 設定 → コンテンツの同期

・タスクバーにGoogleDriveアイコンを作るには:
スタート画面「すべてのアプリ」内の「GoogleDrive」のさらに下 → GoogleDrive右クリック → その他 → タスクバーにピン止めする。

注意)サインインした状態でないと「Google ドライブのアイコンは生成せず、同期設定はできない。

共有設定:
方法1: (同期した状態で)アイコンドライブをクリック(起動) → 左窓内の「Google ドライブのアイコン付※)」を右クリック → 
   →  プルダウンメニュー内の「Google ドライブ」にマウスON → ウエブ上のGoogleドライブにアクセス → 当該フォルダを右クリック
   →   共有可能なリンクを取得。 以上(フォルダのみの共有設定)でOK
  or  マイドライブ
     https://drive.google.com/drive/my-drive にアクセスして設定。

方法2: (同期していない状態で) 「個々のファイル」、および、「フォルダ」、両者の共有設定が必要。どちらか一方では×。
    当該フォルダ内ファイルすべてを選択して上部共有アイコンで「共有」。かつ
    フォルダを右クリック、プルダウンメニューで共有可能なリンク取得。 

設定後 サインアウトして共有URLで確認すべし。

Google ドライブの注意:
・別アカウントでアクセスすると案内画面になるが、再度URLからアクセスすると前に進む。
・アイコン経由でURLドライブにアクセスする場合は、Gmailアカウントと同一にしておく必要がある。(違う場合は注意メッセージが表示)

  Google Photos アルバム (写真,動画用)

Google の写真管理ソフトと連携してアルバム(フォルダ)を制作し、これをネット上に保管するとともに、これをアルバムとしてホームページのように友人に見せることができる。
容量無制限。 Android スマホと連携しており、このスマホで撮影した写真は「共有」でクラウドのGoogle Photosに記録され、PCでの閲覧もそのままできる。
スマホ写真と簡単に共有できるので私用に限定したほうがいいだろう。
容量無制限なので、Gmail/ Googleドライブ とアカウント共用しても問題なし。
アルバムはGoogle ドライブと同じくスライドショーとしての機能がある。

初めての利用方法:
Google Photos にアクセスして ダウンロード → 実行 → インストール でこのソフトを使用可能にする。
・画面の右上にある「ログイン」をクリックして メンバー登録する。 
 すでにGoogleアカウント を持っている場合はこのアドレスと、パスワードで登録し、未だGoogleアカウントを持たない場合は新たにここで登録すると、アルバムに繋がる。

アルバム(フォルダ)作成、共有URL取得:
Gmail でアカウントに接続しておく。
https://photos.google.com/   にアクセス。 
編集画面でまず写真をアップロードし、その後にアルバムにする先にアルバム作成したら行き止まりでダメ。分かりにくい。
・「アップロード」アイコンでPCフォルダから選択。(shift+ or ctrl+で)複数可。 → 小窓に入る → 
・フォト画面で、当該写真(複数)選択 → 「+」アイコン(作成) → アルバム
 (1)(共有なし) → アルバムに追加 → 新しいアルバム → タイトル等記入 → 左上「戻る矢印(←)」アイコンで 結果がフォト画面(日付順のフォルダ)に表示。
 (2) (共有あり)→ 「共有アルバム」 → 新規共有アルバム → タイトル等記入 → 右上「共有」 → URL取得。

後で共有URL取得:(アイコン左:編集、中:共有、右:その他、削除など )

 ・フォト画面で個々の日付タイトルまたはアルバムをクリックで選択 → 「共有」アイコン → 「リンクを取得」 でURLを得る。

並び替えと編集:
 アルバム → 編集アイコン → ドラグするだけでそのまま順が固定される。 URLも変わらず。
 編集画面でアルバムのタイトルやコメントを記入。 Drag & Drop でPCから画像追加。

個々の写真からアルバム作成:
 画像選択 → 「+アイコン」 → アルバム → 新しいアルバム → タイトル等記入 → 左上「戻る矢印(←)」アイコンで完成


削除:
アルバム:個々のアルバム画面で右上のアイコンから削除(個々の写真は削除されない)。
個々の写真:個々の写真を表示 → 右クリックで削除

その他

 共有=公開設定をしないと、URLは自分または一部の人にしか見えないから注意。 Googleをログアウトしてチェックすべし。
 Googleフォト ネット解説
  http://www.appps.jp/204214/

ホームページへの画像埋め込みコード
 ・ Picasa やYouTubeにはホームページへの画像埋め込みコードがあるがGoogle Photosでもあるか不明。下記 test結果は×
 http://ameblo.jp/wantan-52/entry-12066009317.html

  Microsoft OneDrive

・専用ソフト(Win8以降は標準添付)。それ以前はダウンロードするとOneDriveアイコンが生成し、自分のHDと同じ感覚で使用できる 。
別アカウントを使用する時は、別途サインインして利用する。
 サインイン: https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

注意:上位フォルダを「共有」設定(リンクURL取得)すると下位フォルダで共有、非共有設定に関わらず、上位フォルダのリンクURLで下位フォルダ内が見える。 その場合、下位フォルダのリンクURLはそのフォルダのみに有効。
上位フォルダを「共有」設定しない(リンクURL取得しない)と下位フォルダごとのリンクURLに従う。 
共有フォルダに入れると隣接の共有フォルダ内も見えてしまう。

共有(公開) : 

共有 、非共有の変更:
非共有 → 共有: リンク取得すれば共有になる。
共有 → 非共有: 画面上の「共有」 → 「この表示リンクを受け取った人」 → 右下の「リンクの削除」をクリック。 この操作で「共有する相手が自分のみ」になる。
すでに取得したURLはサインインした者のみが有効になる。

・Office Reader の機能があり端末にOfficeがなくても、閲覧、編集ができる。
・Windows8 には標準でこの専用ソフトとアイコンがあり、スグに使える。
・その他: 保管ファイルは 保管ホルダーごとに 、自分専用の「非公開」、友人に見せる「限定公開」、および「公開」の3つの設定ができるので、ファイル保管庫として利用できるばかりでなく、
ここを介して友人にファイルを渡すこともできる。

写真アルバムの場合: 
サイトにアクセス(登録は一般利用と同じ) →
上位フォルダの共有設定、自分のみ設定  は下の一般利用法参照。

並び替え後のURL:

上部メニューから[並び替え] → そのメニュー内「保存」 の後、いったんサインアウト。
再度ログインして並び順を確認した後にURLを取得する。 「並び替え」「保存」直後のURLはダメ。

写真追加、削除も通常フォルダ操作と同じ。フォルダ名がアルバム名となる。 各写真表示で回転メニューあり。
短縮URLの作成(ない場合あり): アルバム上部メニューの「共有」 → リンクの取得 → リンクの作成 → リンクの短縮

一般利用方法:

   ・OneDrive サイトにアクセス
    https://onedrive.live.com/about/ja-jp/   → (登録後) サインイン

注意: 

Upload後、Uploadしたはずのファイルが見えないことがある。更新ボタンクリックで正しくUploadしたファイルが見える。
・画像表示させて、→ 画像を右クリック → 「画像に名をつけて保存」はダメ。(大画像は縮小で保存される)。
・音楽ファイル MP3は共有はできるが相手はダウンロードしないと再生できない。

アイコン経由Oneドライブと、URL経由ドライブの同期
・初期設定: アイコンドライブを右クリック → 雲形アイコン・オンラインで表示 → 右上「・・・」詳細アイコン、→ 設定、→ コンテンツの同期をオン。 以後、
・アイコンドライブを右クリック → 「同期するOneDriveのフォルダを選択」 → アイコンドライブ内の同期したいフォルダを選択する。
 しかし、(私の場合:特定ホルダのみ指定したが、) すべてが同期

Office365サービスの脱会
MicroSoft社ではクラウド利用サービスを統合した「Office365サービス 」がある。
https://products.office.com/ja-jp/buy-office-365-home

新ユーザには1TBのOneDriveなどの1年無料サービスがある。 
新パソコンでいろいろ初期設定したら、いつのまにかこの Office365会員になってしまう場合がある。

脱会するには
個人用 Office アカウント  ページ
https://stores.office.com/myaccount/home.aspx?ms.officeurl=myaccount
で 「アカウントの管理」 → 「サブスクリプション Office365サービス」のキャンセル
をクリックすれば脱会のページになる。 サブスクリプションのページで会員の有効期限も確認できる。

ネット解説
https://onedrive.live.com/about/ja-JP/support/
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/getting-started-onedrive-tutorial
http://enjoy.sso.biglobe.ne.jp/archives/onedrive_01/
https://dekiru.net/category/windows-office/onedrive/

  Dropbox

登録すればログインなし。
米国のサイト。 専用ソフトによって自分のHDと同じ感覚で使用できる。 他人と共用する場合は相手側はソフトをダウンロードする必要はない。

初期設定:
登録してソフトをダウンロードすると、スタート → コンピュータのメニュー とデスクトップにDropBox のフォルダが生成。 ここにファイルを Drag & Dropすればよい。
2台目以後は、1台目と同じメールアドレス、パスワードで登録すればDropBox全体が共有となる。 デスクトップには自動でアイコンは生成しないので
「お気に入り」からDrag & Drop で作る。

他人とのファイル共有/公開:
https://www.dropbox.com/   にログイン
当該ファイルにマウスON → 「共有」が表示。または、右窓にある「共有」をクリック  → 表示するURLを共有相手に伝えればよい。
ファイル形式によって、そのまま内容が表示される場合と、クリックが必要な場合がある。

アイコン経由DropBoxと、URL経由ドライブの同期
アイコンドライブを起動 → 左窓「DropBox」を右クリック → 「DropBox.comで表示」 → 右上「・・・詳細アイコン」、→ 設定、→ コンテンツの同期をオン。 
以上ですべてのフォルダが同期。

ホームページとの連携: かつてはDropBoxサーバはホームページとしても利用できたが廃止された。
・DropBoxの通常フォルダ に、htmlファイルを置くとクリックで正しく表示するが、URL経由ではHtml 表示するが埋込み画像は表示しない → サンプル

Yahoo ボックス   Yahoo Potosは終了

ログインIDは、Yahooメールアドレスの @ 左側

写真などの一般倉庫用と写真アルバム兼用である。 アルバムにするにはUpLoad 時に指定する。
「共有」「写真」「書類」などのフォルダが初めから用意されている。ファイルを一括UpLoad できず、1つづつ行う必要があるようだ。 表示サイズはGooglePhotos, OneDrive に比べて小さい。
合計5GB、300枚まで格納できる。 アルバム・スライドショーからの画像DownLoad ができないようだ。 

「共有」フォルダの下のフォル、ファイルを「公開」「非公開」の設定ができる。 
 


  Evernote

最初の設定と、詳しい使用感想は ⇒ こちら

  YouTube

1ファイル容量2GBまでの MPEG、WMV、MP3 など いろいろな形式の動画、音声がアップロードできるので
ここを展示 兼 倉庫として利用できる。  →  例 

無料クラウド倉庫 比較

ネット情報 (1) (2)(3)

   Google
ドライブ
 Google
Photos
GoogleDriveと別
写真、動画専用
MicroSoft
OneDrive
(フォトメール)
Yahoo!
ボックス
Dropbox
合計容量※3) 15GB
(Gmailを含むので両者
別アカウントが望ましい)
 無制限

5GB
(2016/7まで) 15GB
※2)

5GB

2GB
(小さい)

1ファイル
のサイズ
    写真:1,600万pix以下。
動画:フルHD(1,080p)以下

横1600ピクセルに強制縮小
(原画維持も可)
300MB
 10GB
写真・動画
スライドショーの機能あり
動画:MP4可能 

スライドショーやCD作成 などの機能がある。

動画:MP4可能
横向き写真を自動で縦変換してくれる。
動画:MP4可能

フォトギャラリで写真の修正、加工ができる。
動画:MP4可
HDと同じ感覚で
使うアプリ
 あり  あり

あり

必須
不使用での削除      
90日間ネットに接続
しないと削除
備考  アルバム機能とは別扱い WinXP以降が必要
VISTA相手との共有に問題あり。
(DownLoadはできるようだ)
アルバムは自動生成し
倉庫と共用できる。
PDFはXPSファイルとして閲覧。
WindowsLive のフォトメールと共用
yahooBB会員は
50GBまで無料



アプリ アイコン経由で HDと 同じ
感覚でDrag&Dropできる
  アイコン経由でHDと 同じ
感覚でDrag&Dropできる

  アイコン経由でHDと 同じ感覚でDrag&Dropできる
      
その他
  Amazon 
EverNote

手帳機能がプラス

 

合計容量※3)  5GB
無制限。ただし
月60MB,1ファイル25MB,
日に50通までUPload
          
2GB
1ファイル
のサイズ
 

専用ソフト  あり
必須
不要
不使用での削除    3年    
備考  

保存、閲覧が簡単。
ファイルの種類が、テキスト、画像などに 限定。
Officeファイル、動画は不可。
メール、webページ保存は無料コースでは制約あり。

  MP4,WMVなどの動画、音楽のみ。
FLASH対応せず。

 

  URLの短縮化
長大なURLを短縮するには以下の方法が便利であるが使用にあたっては注意が必要である。
GoogleドライブのURLはそれほど長大ではないので短縮化せずにこれを利用するといいかも知れない。
http://freesoft-100.com/web/shorten-url.html

Google Shortner
 https://goo.gl/
 IE11の相手では動作しない。
URX
 http://urx.nu/
 スマホの相手ではタップしてもリンクしない。
その他、多くの場合2段アクセス。

これらの問題がないサイト:
https://bitly.com/

https://is.gd/

http://tiny.cc/

※1) Google ドライブと、パソコン内フォルダの同期:
下記アドオンソフトでできるようだ。
http://www.gigafree.net/utility/onlinebackup/googledrive.html
http://android-smart.com/2014/03/googledrive2.html
http://www.cse.kyoto-su.ac.jp/~oomoto/lecture/program/tips/Google_Drive/index.html

※2)
 5GBは通知(2016/4/12)より90日後に適用。 >5GBの場合、90 日後に読み取り専用。さらに 9 か月間はファイルの閲覧やダウンロードは可能。
 9 か月経過後も>5GBの場合、アカウントはロック。

ネット情報

特に動画などの大容量の場合
http://www.katch.ne.jp/~kakonacl/broad/strageservice.html
http://www.katch.ne.jp/~kakonacl/broad/skydrive/onedrive.html
Amazon S3
http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/NPC/15/262622/030300012/?f=col

※3)合計容量はゴミ箱も含むのでゴミ箱管理も必要。ゴミ箱を削除して空にしても使用容量に反映されるのに長期間かかる。

関連情報:  |  高画素写真とメール添付  |  大容量メールの扱い    |   パソコン便利情報 に戻る   |