ネット(クラウド)保管倉庫、写真アルバム倉庫の利用
 安倍 08/3  12/11/13 改


大切なファイルをネット上の倉庫に保管する方法、写真アルバムとして利用する方法、そして、ここを経由して写真など数MBの大容量ファイルを他人に送る方法を紹介します。
高画質大容量の写真などをメールに添付すると相手に迷惑をかけるばかりでなく、送信できない場合もあります。
ネット上の無料倉庫を利用すると、バックアップ倉庫として役立つばかりでなく相手に迷惑をかけることなく送信することができます。
ただし、高速光回線の場合でも数百MBの転送はHDDへの転送に比べて時間がかかります。

ネット倉庫を無料で使う場合の結論

各ネット倉庫(クラウド Webストレージ)比較 (いずれも無料で利用できます。)

  一般倉庫  手帳機能がプラス
 

MicroSoft
Windows Live
OneDrive
(旧 SkyDrive)


Dropbox


リコー

Quanp

キングソフト

KDrive

Next Human
Network

Nドライブ


EverNote

 

合計容量

15GB

(旧7GB)

5GB
5GB

2GB

1GB
30GB
30GB

無制限。ただし月60MB,
1ファイル25MB,
日に50通まで UPload

1ファイル
のサイズ
300MB
(2012.4より拡大)
 
 
1GB
4GB
 
公開、限定公開、
非公開の設定が
フォルダ毎に可か

(有料のみ)
   
 
 
     
HDと同じ感覚で
使うアプリ ※3)

    あり

必須
必須
あり
あり
必須
不使用での削除    
90日間ネットに接続
しないと削除
      3年
有料コース    
1000GBの
コースあり
年99$で
50GB

月300/980円で
10/100GB

いろいろあり   月5$で
1GB/月まで
備考 大容量で多目的に 利用
できる。
ファイルのバックア ップ
倉庫としても適している。
※a)アプリで内部HD
と同じ感覚で扱える
  yahooBB会員は
50GBまで無料

内部HDと 同じ感覚で 使用できる。

 
   
50MBまで無料に
するには制約あり。
  保存、閲覧が簡単。
メール、webページの
保存、閲覧機能に
優れている。

アプリ HDと 同じ感覚で
Drag&Dropできる

HDと 同じ感覚で
Drag&Dropできる
  ホームページ作成:
Site44があるが
使いにくい
     
※3)インストールするとアイコンが生成しドライブC、D と同じ感覚でDrag&Dropできる。ただし、ファイル名をクリックしても動作しない。保存のみ。共有設定は別サイトで行う場合あり。
. 写真(動画)アルバム
 
 

MicroSoft
Windows Live
OneDrive

倉庫と両用 アルバム
作成にはこれが簡単。

Google
Picasa
ウェブアルバム
 Yahoo
ボックス

倉庫と両用

合計容量

15GB

倉庫と両用

1GB
(約4000枚)
倉庫と両用
 
1ファイル
のサイズ
横1600ピクセル
に強制縮小
(原画維持も可)
2GB
公開、限定公開、
非公開の設定が
フォルダ毎に可か
スライドショー
試作例
スライドショー
試作例
スライドショー
試作例
専用ソフト
あり
あり
不要
不要
不使用での削除        
有料コース        
備考

フォトギャラリ で
写真の修正、加工が
できる。アルバムにする
には、OneDrive を
使う。

横向き写真を自動で縦変換
してくれる。

スライドショーや
CD作成 など
機能満載。
WinXP以降が必要

  MP4,WMVなどの
動画、音楽のみ。
FLASH対応せず。

 


左表(画像)の引用元 と その他ネット情報
http://freesoft-100.com/web/onlinestrage.html
 
http://atasinti.chu.jp/photo/  
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/link/20110218_427655.html

 

  Microsoft 「 OneDrive (旧SkyDrive)」

・専用ソフトによってOneDriveアイコンが生成し、自分のHDと同じ感覚で使用できる。 他人と共用する場合は相手側はソフトをダウンロードする必要はない。
 短縮URLができるのも魅力。
 専用ソフトがない場合は、利用のたびにOneDriveを起動して利用する。

注意:上位フォルダが共有、非共有に関わらず下位フォルダで共有、非共有設定が可能。 リンク取得しなければ自動的に非共有フォルダになる。 共有フォルダ → 非共有への変更不可。逆は可。
共有フォルダに入れると他の共有フォルダ内も見えてしまう。

・Office の機能があり端末にOfficeがなくても、閲覧、編集ができる。
・Windows8 には標準でこの専用ソフトとアイコンがあり、スグに使える。
・容量が7GB で大容量。
・その他: 保管ファイルは 保管ホルダーごとに 、自分専用の「非公開」、友人に見せる「限定公開」、および「公開」の3つの設定ができるので、ファイル保管庫として利用できるばかりでなく、
ここを介して友人にファイルを渡すこともできる。

写真アルバムの場合: 
サイトにアクセス(登録は一般利用と同じ) →
共有設定してある上位フォルダ内にフォルダを作り、ここにドラグ&ドロップ するだけで、このURLの共有アルバムとなる。 「自分のみ」にはできない。 
上位フォルダの共有設定、自分のみ設定  は下の一般利用法参照。

写真追加、削除も通常フォルダ操作と同じ。フォルダ名がアルバム名となる。 各写真表示で回転メニューあり。
短縮URLの作成: アルバム上部メニューの「共有」 → リンクの取得 → リンクの作成 → リンクの短縮

一般利用方法:

   ・OneDrive サイトにアクセス
    https://onedrive.live.com/about/ja-jp/

共有/公開 : フォルダ毎の設定だから上位フォルダで設定すればOK(複数アカウント登録している場合、登録アカウントのアルバムであることを確認すること。)

ネット解説
http://www.atmarkit.co.jp/news/200802/22/skydrive.html  
http://www.forest.impress.co.jp/docs/serial/androidlab/20120905_557377.html

http://sc440ge.blog59.fc2.com/blog-entry-145.html

  Google ドライブ

共有設定法:https://drive.google.com/#my-drive  にアクセス。 該当ファイル/フォルダを右クリック → 共有 または上部にある共有アイコン(+印のあるもの)をクリック。
→ web上で一般公開。 共有URLが表示する。(共有レベルが複数あり)。

  Google Picasa ウェブアルバム (写真専用)

Google の写真管理ソフト「Picasa」と連携してアルバムを制作し、これをネット上に保管するとともに、これをウェブアルバムとしてホームページのように友人に見せることができる。
容量合計1GB、約4000枚の写真を保存しておくことが可能。

初めての利用方法:
Google Picasa にアクセスして ダウンロード → 実行 → インストール でこのソフトを使用可能にする。
・Picasa 画面の右上にある「ウェブアルバムにログイン」をクリックして メンバー登録する。 
 すでにGoogleアカウント を持っている場合はこのアドレスと、パスワードで登録し、未だGoogleアカウントを持たない場合は新たにここで登録すると、ウェブアルバムに繋がる。

アルバム作成法(2つ目のアルバムも同じ):
しばしばVerUpするのでネット上の「使い方」を参照のこと。

Gmail でアカウントに接続しておく。
https://picasaweb.google.com/
 にアクセス

(既に複数アルバムがある場合のみ、「Picasaウェブアルバムに戻るにはここをクリック」をクリック)  

・マイフォト(自分のアルバム集)  → 「アップロード」をクリック   → 「PCから写真を選択」をクリック →  PC内フォルダから写真を選択(Shift or Ctrlで複数選択)
→ 「完了(OK)」 これでで アップロードされる。
(一部の写真がupload失敗した場合は、この写真名をメモしてアルバム完成後写真追加する)

・マイフォト(自分のアルバム集) →  当該アルバムを左クリック → アルバム右窓 「ここをクリックしてアルバム説明を入力」 または、ウェブ上で一般公開(編集) をクリック

→ ここでタイトルや説明、公開設定をする。
公開(共有)設定 → 「ウエブ上で公開」または 「リンクを知ってる全員」 → 変更を保存   ここでのURLが公開で使用できる。

この共有=公開設定をしないと、URLは自分または一部の人にしか見えないから注意。 Googleをログアウトしてチェックすべし。

・複数写真追加後に続いて複数追加可能。  アルバムサムネール画面  → 写真を追加
・アルバムサムネール画面  → 「操作」 → 削除のメニューが現れる。  
・サムネール画面で各写真1回左クリック → 回転メニューあり。

・高画素写真は標準設定では横1600ピクセルに縮小される。
・ Picasa にはCDアルバム制作機能もある。

ネット解説は → こちら

この方法で作成したスライドショー 試作例 

  Dropbox

登録すればログインなし。
米国のサイト。 専用ソフトによって自分のHDと同じ感覚で使用できる。 他人と共用する場合は相手側はソフトをダウンロードする必要はない。

初期設定:
登録してソフトをダウンロードすると、スタート → コンピュータのメニュー とデスクトップにDropBox のフォルダが生成。 ここにファイルを Drag & Dropすればよい。
2台目以後は、1台目と同じメールアドレス、パスワードで登録すればDropBox全体が共有となる。 デスクトップには自動でアイコンは生成しないので
「お気に入り」からDrag & Drop で作る。

他人とのファイル共有/公開:
Dropbox内ファイルを右クリック → 「Dropboxリンクを共有」 →  画面右下の窓をクリック  → 表示するURLを共有相手に伝えればよい。
ファイル形式によって、そのまま内容が表示される場合と、クリックが必要な場合がある。

・DropBoxの通常フォルダ に、htmlファイルを置くとクリックで正しく表示するがリンクではHtml コード表示となる。

Dropboxを使ったホームページ

  Yahoo ボックス   Yahoo Potos は終了

ログインIDは、Yahooメールアドレスの @ 左側

写真などの一般倉庫用と写真アルバム兼用である。 アルバムにするにはUpLoad 時に指定する。
「共有」「写真」「書類」などのフォルダが初めから用意されている。ファイルを一括UpLoad できず、1つづつ行う必要があるようだ。 表示サイズはPikasa, SkyDrive に比べて小さい。
合計5GB、300枚まで格納できる。 アルバム・スライドショーからの画像DownLoad ができないようだ。 

「共有」フォルダの下のフォル、ファイルを「公開」「非公開」の設定ができる。 

試作アルバム例

 


  Evernote

最初の設定と、詳しい使用感想は ⇒ こちら

  リコー Quanp

Quanp には、 
専用ソフト(Quanp.on)をダウンロードして使う高機能法と、ブラウザ上で使う簡易法(Quanp.net)の2法あり。
専用ソフト使用の場合は自分のHDと同じ感覚で使用できる。
無料コースは容量ばかりでなく機能もかなりの制約あり、非公開のみ、自動UPload不可のようだ。

登録後、このメーッセジが来信する。

  YouTube

1ファイル容量2GBまでの MPEG、WMV、MP3 など いろいろな形式の動画、音声がアップロードできるので
ここを展示 兼 倉庫として利用できる。  →  例 


関連情報:  |  高画素写真とメール添付  |  大容量メールの扱い    |   パソコン便利情報 に戻る   |