■HOME
工事中です

 


狐狸亭道樂(席亭)・ こりてい どうらく
●昭和35年三笠市生まれ●小学生の頃から落語に親しむ●大学進学とともに落語研究会入部●昭和56年道内大学対抗落研大会 で優勝●平成元年より旭笑長屋 の店子に●国民文化祭(全国落語競会)に北海道代表として参加★平成10年大分県・奨励 賞★平成11 年岐阜県・優秀賞★平成12年広島県広島県知事賞(第3位)●<道樂十選>愛宕山、悋気の火の玉、ほ うじの茶、紀州、宮戸川、船徳、茶の湯、老人ホーム裏話、JR風景、ガマの油、もう半分、引越しの夢、酢豆腐、ほか多数・・・・

蝦床ピン太・えび とこぴんた

 

 


 

きゃべつ
鶴亀山金坊・ つるかめざんきんぼう
●<持ちネタ>田舎で暮らそう、地獄の惣兵衛

質屋蔵々(ご隠居・相談役)・ しちやくらぞう
●昭和23年旭川生まれ●中学校入学とともに落研で落語を始める●北大を中退し上京、柳家小三治門下となるが翌年破門●昭和 61年旭笑長屋の店子になり、 平成13年二代目大家となる●<持ちネタ>浮世床、高砂や、天災、芝浜、船徳、文七元結、とうなすや、あくび指南、バールの ようなもの、猫の皿、紀州、大 地の子、 浮世床


暗立亭好根(北町奉行)・ あんたっていすきね


かき
拾亭小判・ ひろいていこばん

 


 

なし
抜雀ちい坊・ ぬけすずめちいぼう
●<持ちネタ>千早振る、子ほめ

怪家手妻・ あやしやてづま

ホンジャマ 家真太・ほんじゃまかしんた
りんご
しゅう平 (瓦版屋)・しゅうへい
●昭和58年旭川生まれ●若さと元気が売りの駆け出し。勢いに乗って芸の道をまい進中!●<持ちネタ>六尺棒、金明竹、真田小 僧、干物箱、だくだく
みかん
拾亭てんて こ舞・ひろいていてんてこまい
ぴーまん
喰亭おまん ま(差配)・くいていおまんま
●昭和31年旭川生まれ●竜谷高校入学とともに落研を一人でやる、生徒会長を二期務める●20歳魚屋に就職●平成 9年旭川芸能交遊会に入り司会、芝居、落語を担当「魚亭さんま」を自ら名乗る●平成14年から2度のリストラの後16年無事就職 ●平成18年旭笑長屋の門 をたたく、翌年「喰亭おまんま」に●<持ちネタ>宿屋の仇討、目黒のさんま、宋論、しわいや、転失気、時そば、子ほめ、不精床
とまと
噺家小三笑・ はなしやこさんしょう
●<持ちネタ>寄り合い酒、狭き門、駅長事務室

冬の家そな・ ふゆのやそなた
●平成20年旭笑長屋・旭笑亭幻太一門に入門。
●<持ちネタ>桃太郎
おかる
お軽・ おかる
●平成21年旭笑長屋・旭笑亭幻太一門に入る。
●<持ちネタ>動物園
れもん
ナナカマド 小紅・ななかまどこべに
●平成23年旭笑長屋・ナナカマド紅丸一門に入る
●<持ちネタ>寿限無、初天神、狸賽
もも
橘のさくら・ たちばなのさくら
平成23年旭笑長屋・ナナカマド紅丸一門に入る●お囃子デビューしました

走亭吟太・ はしっていぎんた
●平成23年旭笑長屋・旭笑亭幻太一門に入る
くぼ
白滝亭くぼ太・し らたきていくぼた
●平成24年旭笑長屋に入る。旭笑長屋白滝支部。一語一笑(いちごいちえ)、ご縁と言葉と笑いを大切に、古典、改作、新作となん にでも挑戦中!型にとらわれないはっちゃけ落語家。
●<持ちネタ>古典・・・やかん、時そば、厩火事、他。改作・・・文七、合気道落語、他。新作・・・オレオレ、寮生物語、 他

おさる
●平成27年旭笑長屋・旭笑亭幻太一門に入る。