主婦キャッシング

主婦のキャッシングは出来るのか

主婦によるキャッシング利用

法律が改正されたら、主婦がキャッシングを使うことはできなくなるという予測もありました。
改正貸金業法が完全施行される直前のことです。
実際、改正貸金業法を恐れ、専業主婦などに対してキャッシング利用をできなくする消費者金融や信販会社が出ていました。
それでは改正貸金業法とはどのようなものなのでしょうか。
今も昔もお給料日前に出費がかさんでしまい、土壇場で生活費が足らなくなってしまう経験をされたことのある主婦の方は少なくないでしょう。
貸金業が見直されたことにより、収入のない主婦がキャッシング会社からお金を借りるに当たっては、しなければならないことができました。
自分の収入を示すことができない代わりに、夫の婚姻を示す書類と共に、収入がわかる書類と同意書が必要です。
主婦は夫に内緒でキャッシングができなくなったというわけです。
他にも上限金利の引き下げがあり、施行前は29.2%だったのが施行後は20.0%になりました。
施行前は無かった借入上限額が設けられ、施行後は年収の3分の1と定められました。
上限利率が下がるのはキャッシングを利用する側にとってはありがたいことです。
人によっては、家族に内緒でキャッシングがしたかったという人、年収の3分の1の融資額は少なすぎ目と感じる人もいます。


主婦がキャッシングするには

主婦がキャッシングの申し込みをした場合でも、かつての貸金業法ならは審査には通りました。
キャッシング申し込み時に、夫の収入を申込用紙に夫に定職と収入がある旨を記載すれば審査を通過することができたからです。
貸金業法がかわっても、しかるべき手順を踏めば主婦でもキャッシングはできることになっています。
原則は、借入金額が本人の年収の3分の1までに規制されます。
例外として夫婦の借入額の合計が夫婦の収入を合計した金額の3分の1までという形も認められます。
主婦がキャッシングを利用したい場合は、配偶者貸付という仕組みを使えばいいわけです。
また、夫の同意書や結婚していることを示す書類、住民票がなければ配偶者貸付制度を使うことはできません。
夫に内緒でキャッシングはできません。
書面の確認などの手続きの煩雑さを嫌い、専業主婦などへの貸し付けをやめている金融会社もあるようです。
専業主婦はキャッシングしにくい状況になったことには変わりないでしょう。
主婦はどうしたらお金を借りられるのでしょうか。
キャッシングに比べると手軽さや便利さはありませんが、銀行のローンを検討するのも手です。
キャッシングが使えず、主婦にとっては大変かもしれませんが、そんな中でも対策を立てていくことが大事です。


収入があれば主婦でもキャッシングができる

キャッシング条件が主婦にとってきつくなったのは本当ですが、可能生がゼロになったということではありません
主婦がお金を借りる際には何に気をつけたらよいのでしょうか。
一定収入がない主婦の場合、キャッシングの利用は不可能なように思われます。
実は意外と融資可能な金融会社はあります。
キャッシングローン会社ごとそれぞれに審査基準が設けられています。
主婦であっても、審査を通りさえすれば融資は受けられるのです。
多くの場合、毎月得られる収入が一定水準をクリアしているかどうかが着眼点になります。
完全に無収入の主婦には難しいといえるでしょう。
返済能力を問われるのは仕方ないと言えば仕方ないことといえます。
ですが、正社員で働いていなければダメという訳でなく、パートとして働いているものでも良いようです。
キャッシングローン会社によってその審査基準はまちまちですから、何社かに問い合わせしてみてもいいでしょう。
実はキャッシング機能のついたクレジットカードも作ることも難しくなっています。
自分自身の収入がない専業主婦の場合、どうしても御主人にキャッシングの相談をする必要が出てきています。
一人暮らし引越し


ホーム RSS購読 サイトマップ