広島S様開始です。
何度かお店に足を運んで頂きこのミニに決定しました。ありがとうございます。
気合を入れて1台入魂で頑張ります。
状態の良いベース車両です。
錆等も少なく内装の状態もGOODです。
若干の色褪せも有りますが外装はオール塗装の予定です。
今回も全体的にお任せと言う事なのでありがとうございます、迷わずやっていきたいと思います。
まずは状況確認をしながら分解です。
最初にエンジンを降ろします。
ここまで分解したらエンジンを降ろします。
エンジン降ろしました。
いつものやつです。(フィルターヘッドのパッキンに液体パッキンべったりです)
どなたが作業したのか解りませんがオイル漏れ修理依頼からの作業だと思いますが、
本当に内部がどうなっているとか解らないのに思いつきで整備するメカニックがいる。。。
信じられませんね、解らないのなら調べて欲しいです。これはやってはいけません、故障へ直結する作業です。
サーモスタットが開きっぱなしで固着(壊れている)しています。
こういうのがあればあるほど納車前の整備は大事だなと思います。
この後は水の栓を抜いてウォーターポンプを外してエンジン本体をを高温高圧スチーム洗浄してからのOH作業です。
先に足回りの整備です。
このミニにはハイローキットが入っていませんでしたので以前、他のお客様から使う人がいたら挙げてね、と貰ったハイローキットです。
キレイに洗ってグリスアップし直してから使用です。
N様使わせていただきます、ありがとうございます。
お約束通りに必要な方に差し上げました。
こんな感じで、うちのUSEDパーツは基本SFミニ製作時に使わせていただいています。
リアドラム内OHです。
ハブベアリングも1度きれいに洗ってからの
グリスアップ組み付けです。
フロントの足回りです。
フロントにもリアにもショートストロークのショックが入っていました抜けもないのでこのショックを使用します。
まずはバラバラです。
フロントキャリパーOHです。
今日お客様が見に来られました、お土産ありがとうございます。今晩お酒片手に美味しくいただきます。
保冷材は次回来店時まで冷凍庫に入れて保管しておきます。
ピストン錆のため交換です。
1度も分解した事のなさそうなドライブシャフトです。
アウタージョイントのシャフト部分が錆ついて外すのも大変でした。
ブーツも亀裂が入っていて切れる寸前です。
ベアリングは分解して点検です。
CVジョイントスプライン部を溶接して補強です。
この後は国産ブーツを組んで完成です。
スイベルハブのOHです。
まずはきれいに洗って点検です。
左のハブベアリング不良のため交換です。
ベアリングにガタが出ていたりアウターレースにキズが入っていたりと新品交換です。
右側のベアリングに問題は無くきれいにして組み付けました。
上下ボールジョイントのシム調整もして組み付けです。
車体に組み付けまではベアリング内に埃などが入らないようにして保管です。
続いてエンジンのOHです。
オイルが下がっていたため(バルブシールの不良のため)、バルブもオイルとガソリンで固着して外すのも気を使いました。
もうイン側のポートはドロドロです。
バルブもこんな感じです。
うちは旋盤とサンドブラストで汚れを取っていきます。
キレイにしました。
ここまですると組むのも気持ちよいです。
この後はきれいにしたヘッドとすり合わせをして
先にヘッド単体で組んでおいてエンジンに付けるのを待ちます。
ピストンもこの通りです。
オイルが下がっていたのも有りますが10年間も使えばこんな物です。
ピストンリングが固着していました。
うちを始めて何台もエンジンOHしましたが、
中が始めからキレイでこのエンジン開けなくても良かったかな?というエンジンは1台もなかったです。
長期間乗っていると大体こんな状態です。
こちらは新品リフターです。
リフターはほぼ虫食っていて全滅です。
インジェクション車は大体こんな感じになっています。お店の問題というか使っているオイルに問題があったと思います。
オイルの番手10w−30とか使っているとミニではさすがにきついと思います。
全てきれいにした後はエンジン組み付けです。
自分はボルトナット類を洗って、ブロックを洗って、新品のメタルをだして軽く洗ってブロック、キャップにメタルを組んでから、最後にクランクを洗ってすぐにブロックに、クランクを組んでピストンを入れてリフターを入れてカムを入れて。。。
ひっくり返してミッションとドッキングさせて、カムチェーンを組んでタイミングを合わせて、
ヘッドを載せて。。。
完成です。
ここまで組んだらキレイに塗ってこの日は終了です。大体夜作業になります。
スターターをOHして組みつけていきます。
ここに写っていない部品は塗装中です。
ウォーターポンプ新品です。
3層ラジエーター、ウォーターホースを組み付けます。
エンジン完成です。
エンジンを載せる前に残っていたフロンと廻りの作業です。
またこれです。。。
アッパーアームのサポートシャフトのプレートが割れています。ここが割れるのはラバーコ−ン分解取り付け時に無理やり入れるとこうなります。
溶接して組み付けです。
かなり減っていたローターも交換です。
エンジン載せました。
ここから補記類を組んでいきます。
完成です。
塗装の準備です。
98年式のミニかなり新しく感じますがすでに15年前です、錆も少ないと言っても要所要所に出てきていますので処理をしていきます。
フロントガラスのボディ側にもしっかりシーラーが入ています。
これを取らないと次にウェザーストリップを付けた時にぼこぼこなったりしますのでキレイにとります。
塗装準備OKです。
先週出したのですが、なんと完成まじかと言う連絡がありました。
今入っているクイック作業のめどがたちましたら引き取りに行きます。
ミニが帰ってきました。
キレイです。
ここからは内外装を組んでいきます。
ここまでばらして塗装すれば継ぎ目から塗装が剥がれる事はありません。
金額的に安くしようと思えば分解せずにマスキングなど被ってでも塗装できますが時間が経った時に端から塗装がはがれたりします。。
フロントガラスはレールを1度外して錆処理してから組み付けます、写真は小さな万力で処理した後のレールをガラスに組んでいる所です。
ドア部品の組み付け
この右ドアキャッチをグリスアップして組みなおしたのですがドアを開けるレバーのかしめが緩くなっていたようで軽くでは開かなかったのでうちにあった部品に交換です。
テールレンズのパッキンの交換です。
ひび割れているためです。
ガラスを入れます。
落ちない程度にガラスを支えてくれる人がいると
すごく楽な作業ですが新品ゴムに一人で入れる時のみ少し緊張します。
写真の部分
運転席のよくひび割れるビニールレザー部分を交換です。
この作業かなり器用なんです、新品を組み合わせて縫うのは簡単だそうですが、このように1度生地を分解して同じ大きさに切ってまた元通りに縫い合わせます、始めは実験的でしたが始めに成功した時はかなり嬉しかったです。
かなりの方が喜ぶと思っていたのですが、あまりにニーズがないようです。
赤く光っているのはご要望の用品ソケットのパイロットランプです。
メッキモールを入れました。ここが光っていると印象が良いです。
クォーターガラス、後ろのガラスも入れて徐々に完成に近づいてきました。
このタイプのシートはビニールレザー(言い方違うかも)を使っているので長年の使用でひび割れて破れていきますので、うちでは座面の両サイドを本皮の物に交換します。これで新車当時の物よりも耐久性があると思います。
今回交換した部品です(これで全てでは有りません)
一般的な消耗品からエンジン内部の物まで沢山有ります。すべて書いていこうかと思ったのですが、多すぎるため画像だけです。
昔からこういう作業はやっているのですが、年々徐々に交換部品が増えていっています。
並べてみるとかなり多いなと思われると思うのですが、コンピューターが導入されてからのミニは自分的にはまだまだ交換したい部品があるのも事実で許されるのであれば重要なセンサー系やリレーなども交換したいところです。
1週間前後高速道路、バイパス、一般道、色んな所を走ってテストを繰り返して最後にクーラーガスを入れて完成しました。
この後納車になったのですが、当初来ていただいて納車という形だったのですが、最終的に自分がご自宅まで持って行かせて頂きました。

納車時にまたすごい思い出を作ってしまいすみませんでした。
これから素晴らしいミニライフを楽しんでください