京都産業大学同窓会佐賀県支部規約

 

第一条(名称)

    本会は、京都産業大学同窓会佐賀県支部(以下「支部」という。)と称する。
    本会の通称名を「神山会佐賀県支部」
と称することができる。

第二条(目的)

    支部は、支部会員相互の親睦を図るとともに京都産業大学及び京都産業大学

    同窓会の充実発展に寄与することを目的とする。

 第三条(事業)

    支部は、前条の目的を達成するために必要な活動を行う。

 第四条(会員)

    支部の会員は、京都産業大学を卒業した者で次の各号のいずれかに該当する

    者とする。

    (1)佐賀県出身者である者

    (2)佐賀県内に在住する者

    (3)佐賀県内の事業所等に勤務する者

    (4)前各号に定める者の他、支部長がとくに認めた者

 第五条(除名)

    支部規則もしくは総会の決議に違反した者または、支部の名誉を傷つけた者は、

    役員会の決定により除名することができる。

 第六条(役員)

    支部に次の役員を置く。

    (1)支部長   1名

    (2)副支部長  2名

    (3)会計     1名

    (4)その他支部の運営に必要な役員

 第七条(役員の選任)

    支部長、副支部長は総会において選出し前条(3)(4)の役員は支部長が総会の

    承認を得て指名する。

 第八条(役員の職務)

    役員の職務は次のとおりとする。

    (1)支部長は、支部を代表し、統括する。また、総会・役員会の議長となる。

    (2)副支部長は、支部長を補佐し、支部長に事故ある時は、その職務を代行する。

    (3)会計は支部長の命を受け、経理する。

    (4)事務局長は支部長の命を受け、事務を統括する。

    (5)会計監事は、財務を監査し総会に報告する。

第九条(役員の任期)

    役員の任期は、年とし、総会で選出する。ただし、再任を妨げない。

    役員に欠員が生じた時は、役員会において、後任の役員を指名するものとする。

    また、後任の役員の任期は、前任者の在任期間とする。

第十条(顧問)

    支部に顧問を置<ことができる。その選出には、役員会の承認を得て決定する

    ものとする。

第十一条(会計)

    支部の会計年度は、毎年度41日から開始し、翌年331日に終了する。

    支部経費は、会費、補助金、寄付金及びその他の収入をもって充てる。

 第十二条(総会)

    通常総会は、年1回開くものとし、臨時総会は、必要に応じて役員会の決定に

    より開くものとする。

    総会は、支部長が招集するものとする。

    総会の議事は、出席者の過半数で決する。

 第十三条(役員会)

    役員会は、第六条の1項から4項までの役員で構成し、支部の運営に当たる。

    役員会は、支部長が招集する。また、顧問は支部長の要請により役員会に

    参加し、意見を述べることができる。

 第十四条(事務局)

    支部の事務局は、支部長が指定したところに置く。

第十五条(規則改正)

    この規則改正は、総会において出席者の3分の2以上の同意を得て行うことが

    できる。

 
第十六条(補足)

    この規則に定めるものの他、支部の運営に関し必要な事項は、支部長が役員会

    の承認を得て別に定めることができる。

附則   この規程は、平成24年2月26日から施行する。

附則   この規約は、平成26年7月27日から施行する。

京都産業大学同窓会
佐賀県支部