バンダイ 1/100 デスティニー

                                   

シードデスティニー後半主役機・・・・のはずなんです

が、途中出場とはいえ、デスティニーでも終わってみ

れば主役はやっぱりどうみてもキラとフリーダム&

ストフリだったようにしか見えないッスね。吹っ切れ

たアスランくんのインフィニットジャスティスにスコボコ

にやられましたし・・・・。ある意味かなりの哀愁を漂

わせる機体となってしまいました。

 

 

 

 

さて、今回の製作については、わたしがタッチしたの

は主にデカールの追加、つや消しクリア塗装、ウェザ

リングだけです。と申しますのは、製作を依頼して完

成品となっていたものにわたしが手を加えることによっ

て出来上がったのが当作品なのです。

 

 

 

 

ですので、今回はわたしがタッチした部分について

のみコメントいたします。

                                   

たまにはこういう仕上げもありッスよね?

 

                                   

まず、ブレードアンテナの削り込みによるシャープ化と

アゴ周辺の削りこみによる小顔化を行い、マーキングが

少し寂しい気がしましたので、胸部、フロントアーマー、

アンクルアーマー、ウイングにそれぞれデカールを追加

しました。

 

 

 

その後、つや消しクリアでツヤを統一し、ウェザリング

にとりかかりました。タミヤエナメルのつや消しブラック

にホワイトを若干加えたグレーをジッポーライターオイル

でシャビシャビに薄め全体に塗布、半乾きになったら

ウェスと綿棒で適度にムラを残しながらふき取りました。

 

 

 

後はタミヤペイントマーカーのクロームシルバーでドライ

ブラシを全般に施してフィニッシュです。

 

 

 

                                   

ウイングバインダーの形式番号はウェーブのXデカールです。

ホビー誌の作例やヤフオクでもSEED系の機体でこの

ようなAFV的仕上げを施している作品はほとんど見ない

ので、逆に新鮮に見える一方、どのような評価を受ける

か若干不安でしたが、無事ヤフオクで落札され一定の

評価をいただいたのでうれしかったです。今後も色々

な仕上げ法で楽しんでいきたいと思います。

                                   

 

 

ところで、結構シンを応援していた私としては、あのまま

物語が終わってしまうのがあまりにも忍びなく、本編の

続編を強く望んでおります。シードデスティニー放映当初、

シンが怒りと悲しみの人からそれを乗り越え、力強く成長

していき最後には大活躍してくれるものと思い込んでい

たものですから余計そう思います。スターゲイザーもいい

ですが、ぜひともシンが大活躍する本編の続編を!

と願っております。

 

TOPへ/ギャラリー1へ

スポンサードリンク