高知聖書バプテスト教会
〒780-0031高知市宇津野28-6
tel/fax:088-871-4019
mail:kouchibbc@yahoo.co.jp
牧師: 下元 孝俊
 教会の予定 他
教会は2014年に上記に引越しました。
4/9の説教要旨を追加
4/24(月) お料理会
2017年4月9日説教要旨  説教題: キリストの血の契約
へブル9章14節 「永遠の聖霊によって、ご自身を傷なき者として神にささげられたキリストの血は、なおさら、わたしたちの良心をきよめて死んだわざを取り除き、生ける神に仕える者としないであろうか。

 来週は、イエス様の復活をお祝いする日ですが、ちょうど、本日はイエス様の死についての聖句です。血は命を現し、キリストの流された血は死を意味します。また、この血は贖いの為に儀式で用いられ、聖なるものとされました。

 レビ17:11「肉の命は血にあるからである。あなたがたの魂のために祭壇の上で、あがないをするため、わたしはこれをあなたがたに与えた。血は命であるゆえに、あがなうことができるからである。」
「あがなう」とは、死するものを死から命に買い戻すことです。

 旧約では儀式として、動物の犠牲の血が用いられましたが、幕屋の構造においても、儀式の作法においても、完全に全うできないものでした。
その原因は、良心を完全にすることができないと教えます。
へブル9章9節「この幕屋というのは今の時代に対する比喩である。すなわち、供え物やいけにえはささげられるが、儀式にたずさわる者の良心を全うすることはできない。」

 神様の願いは、罪人の心が変えられ、清い心となることです。愛の心で、真実に神様を喜び、真実に従い、真実に礼拝する心です。(マタイ5:48)
詩篇51:16,17「あなたはいけにえを好まれません・・・ 神の受けられるいけにえは砕けた魂です。神よ、あなたは砕けた悔いた心を/かろしめられません。」
ヨハネによる福音書/ 04章 23〜24節「しかし、まことの礼拝をする者たちが、霊とまこととをもって父を礼拝する時が来る。そうだ、今きている。父は、このような礼拝をする者たちを求めておられるからである。」

 このためにイエス様は十字架で血を流され、死なれたのです。
それは罪人の身代わりの死によって、罪をゆるすだけではなく、罪びとの良心を清めるためでした。それによって罪ゆるされた罪人が、死んだわざをやめ、生ける神さまに仕える者となるためです。私たちはキリストによって清められた良心を大切にした信仰生活を送らなければなりません。その為、良心的に生きる信仰生活を求めましょう。また、正しい聖書の知識を身に着けて、良心の働きにより正しい行いや判断力を身につけましょう。
2017.4.9 が最新です。
教会の特別予定等です。
教会員の信仰の体験談です
Counter
教会へのメールはここから
教会が発行する隔月発行のタウン誌です。
所属団体、信仰告白、等
集会案内、住所、地図
Kochi Bible Baptist Church  ホームページへようこそ
2017年4月13日 更新履暦