高知聖書バプテスト教会
〒780-0031高知市宇津野28-6
tel/fax:088-871-4019
mail:kouchibbc@yahoo.co.jp
牧師: 下元 孝俊
 教会の予定 他
教会は2014年に上記に引越しました。
3/25 の説教要旨を追加
4/30(振替) 潮干狩り
2018年3月25日説教要旨 説教題: 試練に立ち向かう
ヨハネの黙示録2章 8〜10節「スミルナにある教会の御使に、こう書きおくりなさい。『初めであり、終りである者、死んだことはあるが生き返った者が、次のように言われる。わたしは、あなたの苦難や、貧しさを知っている(しかし実際は、あなたは富んでいるのだ)。また、ユダヤ人と自称してはいるが、その実ユダヤ人でなくてサタンの会堂に属する者たちにそしられていることも、わたしは知っている。 あなたの受けようとする苦しみを恐れてはならない。見よ、悪魔が、あなたがたのうちのある者をためすために、獄に入れようとしている。あなたがたは十日の間、苦難にあうであろう。死に至るまで忠実であれ。そうすれば、いのちの冠を与えよう。」

 クリスチャンは喜びなさい、感謝しなさいと命じられていて、喜べる・感謝できることがいっぱい経験するのだろうと考えます。しかし、聖書に出て来る信仰者やこのスミルナの教会を見るなら、正反対に苦難が続けて来ることを知ります。
パウロは取り除けてほしいと願うとげを自分の身に持っていました。伝道の経験は、迫害と苦難の連続でした。しかし、聖書が教えるのは、その中にあっても喜びを持ち、感謝する信仰生活を送ることです。こういう生活こそ、信仰の証をしていることなのです。
次のことを覚えていましょう。

1)苦難、貧しさを拒んではならない。
苦しいこと貧しさの辛さは、信仰者の成長のためのものです。パウロは弱い時にこそ強いと言いました。2コリント12:10 苦難の時は信仰の成長の時です。

2)いつもイエス様が共におられ、見守ってくださっています。
神であられ、人となられ、死なれたけれども復活された全能の救い主が共にいて下さっています。いつも見守られているので、励まされていましょう。

3)恐れてはならない。
迫害や貧しさを恐れてはならないことを覚えましょう。恐れることは、主に背く罪です。それは信仰の後退を意味します。

4)イエス様に忠実であることをいつも心に持ちましょう。
イエス様が喜ばれるのは、この忠実です。信仰を持ち続け、主に信頼し、主の御言葉に従うことです。
苦難があっても、信仰に歩み続けるなら、イエス様の豊かな祝福を受けます。
2018/3/25 が最新です。
教会の特別予定等です。
教会員の信仰の体験談です
Counter
教会へのメールはここから
教会が発行する隔月発行のタウン誌です。
所属団体、信仰告白、等
集会案内、住所、地図
Kochi Bible Baptist Church  ホームページへようこそ
2018年4月12日 更新履暦