高知聖書バプテスト教会
〒780-0031高知市宇津野28-6
tel/fax:088-871-4019
mail:kouchibbc@yahoo.co.jp
牧師: 下元 孝俊
 教会の予定 他
教会は2014年に上記に引越しました。
11/5 の説教要旨を追加
11/20(月) 婦人お料理教室
2017年11月5日説教要旨 説教題: 主と主の御言葉をいつも思う
ペテロの第二の手紙 1章 12〜13節「それだから、あなたがたは既にこれらのことを知っており、また、いま持っている真理に堅く立ってはいるが、わたしは、これらのことをいつも、あなたがたに思い起させたいのである。  わたしがこの幕屋にいる間、あなたがたに思い起させて、奮い立たせることが適当と思う。」
19節「この預言の言葉を暗やみに輝くともしびとして、それに目をとめているがよい。」

 信仰生活は、私たちが御言葉に従って新しく変えられ、ふさわしく生きることです。
以前の自己中心な心から、迷いの道から、イエス様中心の確かな救いの道を確信する生活を送ることです。

1・私たちがいつも思い、目を留めるべきことがあります。

1)神様と主イエス・キリスト様とその御言葉に目をとめる
 これらは一つです。福音として、御言葉を知るのです。

2)いつも目をとめる
 いつも、忘れず、心を向けることが信仰生活です。勝利の秘訣です。 ヨシュア1:8

3)どんな状況でも目をとめる
 どんな時にも、主に従います。 1テサロニケ5:15〜18

4)心の一新が必要
 自分の決意だけではできません。信仰により、心の一新が必要です。

5)道しるべ、のぞみとして
詩篇119:105「あなたのみ言葉はわが足のともしび、わが道の光です。
@イエス様とその御言葉は、私たちの道しるべです。
 この道をそれてはいけません。迷いの道に入ります。そこから救われたのですから、二度と、この道を離れてはいけません。
Aいつまでもある望み
 この光は、夜道の街の灯りであり、夜の海に輝く灯台です。それを憩いの場として望み、心に励みとして歩みます。
B自分勝手な御言葉の理解はしてはいけません。 2ペテロ1:20
 いつもキリストとそのお言葉に目をとめて、一心に歩みましょう。
2017/11/5 が最新です。
教会の特別予定等です。
教会員の信仰の体験談です
Counter
教会へのメールはここから
教会が発行する隔月発行のタウン誌です。
所属団体、信仰告白、等
集会案内、住所、地図
Kochi Bible Baptist Church  ホームページへようこそ
2017年11月16日 更新履暦