インターネット地震対策研究所 2011.3.11 東北太平洋沖地震発生!!    都道府県別 液状化現象ハザードマップ リンクページ


『その他のリンク集』

 


東北太平洋沖 地震 政府情報リンク集

 

 

地震による液状化現象とその対策 リンク集


 


地震による津波被害とその対策 リンク集

 

 

■放射能対策になるミネラルウォーターサーバーの選び方

 

 

帰宅難民と東京都の対策 リンク集

 


Amazon 特集ページ『地震グッズ・防災グッズ 









 

地震による液浄化現象とその対策 

インタ−ネット地震対策研究所にようこそ

全国自治体の都道府県別の液状化ハザードマップのリンク集です

(リンク集のみを見たい方は、ページ中央から下までスクロールして進んでください)

 

浦安市液状化の写真

 

おそらくこのページをご覧になっている方は

 

東日本大震災によって液状化した地域の情報を求めている方

 

地震により、住んでいる場所が液状化せずすむのか気になった方

 

購入予定、引越し予定の地域が液状化の危険があるのか気になった方

 

などだと思います

 

これらの方のお役に立てればと思いますので、

 

下記の都道府県別 液状化現象ハザードマップ リンク集をご覧ください

 

 ̄嫋化現象の対策方法

今回の東北太平洋沖地震では震源地から離れた場所でも液状化現象が発生し大きな問題となりました

 

千葉県新浦安市や東京都の新木場地区などでは、広範囲にわたって液状化し復旧作業が困難な状況となっています

 

建物自体はあまり被害を受けていなくても、土台が不安定になったり傾いたりしてしまうと居住するのも不可能になる場合があります

 

そうなるとせっかく住んでいる家が使い物にならなくなることもありえます

 

住宅ローンを抱えたままだと、ローンを残して家が売れずあるいは二束三文でしか売れない、という悲惨な状況に陥るリスクがあります

 

ディズニーランド液状化の写真

 

千葉県浦安市液状化の写真

 

このように液状化現象は居住者に大きな負担を強いるリスクがあります

 

大きな地震じゃないと液状化しないのでは?

 

それなら頻度も少ないし、余り神経質にならないでもいいのでは?

 

と考える方もいるかもしれません

 

しかし、液状化現象は震度5弱以上の地震なら起こり始める、と言われています

 

震度5弱くらいの地震ならば、そこそこの頻度で発生するはずです

 

これを神経質になるのは、と軽視するのは、一生を棒に振るリスクが高いと思います

 

液状化現象についてもっと詳しく知りたい方はAmazonで関連書籍の購入をおすすめします

 

●Amazon 液状化現象対策・関連 書籍

 

 

 Amazonの特集ページです。

 液状化についての書籍が紹介されています。

 

 

では、液状化現象への対策とはどのようなものがるのでしょうか?

 

1)建物が建つ前

 

土を締め固める、セメントで硬くする、などの対応方法があります

 

2)建物が建った後

 

基礎から地中にくいを打つ、コンクリートで地盤を固める、などの対応方法があります

 

理論上は、上に挙げた液状化現象予防策が存在しますが、一般家庭の場合1000万近く費用がかかるようです

 

現実的には、液状化現象自体は建物が建った後では防ぐことはほとんど困難な状況です

 

 

液状化診断ではないですが、耐震診断を無料で行ってくれる会社があったので紹介しておきます。

 

 建物診断無料★余震に備えて強い家になろう!!

 

 

ではどのように防ぐべきなのか?

 

3)地震保険に加入する

 

液状化現象も保険の補償範囲内です

 

これで液状化現象の被害を受けた時に、ある程度の金銭的な対応が可能になります

 

ただし契約者の我々にとって十分満足できるレベルの補償がされるかどうか?は別問題です

 

こまかく勉強したい方は、ネットで検索するか、Amazonなどで書籍を購入するかをおすすめします

 

●Amazon 地震保険・生命保険・火災保険 関連書籍

 

 

 地震の被害は火災保険では、基本的にカバーされません。

 地震保険も契約内容によっては、十分な補償はありません。

 生命保険も掛け捨て型、貯蓄型など多種多様です。

 大災害の後で契約内容が悪かったと後悔しても無意味です。

 今こそ学んでください。

 

4)液状化現象に遭遇するのを避けるには、あらかじめ液状化する危険性がある地域に住まないことです

これが手軽かつ確実は方法です

 

君子危うきに近寄らずです

 

特に賃貸ではなく、一生の住まいとなることの多い住宅購入の際には慎重になる必要があります

 

では実際にはどのようにして避けるのでしょう?

 

全国都道府県は自治体毎に液状化ハザードマップを公表しています

これを有効活用して下さい

 

購入予定の地域が液状化の危険性が高くないのか確認するべきです

 

良心的な不動産業者はしっかりと教えてくれるかもしれませんが、すべてがそうとは限りません

 

少し手間ではありますが自分でしっかり調べて液状化のリスクを確認するくらいの手間をかけるべきだと思います

 

今回このページでは

首都圏の東京都、神奈川県、千葉県の液状化ハザードマップを中心として、都道府県別の液状化ハザードマップへのリンク

を貼っておきます

 

公的機関の情報は正確で信頼できますが、如何せん探しにくいです

 

このリンク集があれば少なくともネットで検索して公的機関が発表している正確な液状化現象ハザードマップを探す手間は省けます

 

後は実際に液状化現象ハザードマップにアクセスして読んでみるだけです

 

是非ご自身の目で確認して下さい

 

ディズニーリゾート液状化の写真

 

 

ではここからは

都道府県別の液状化現象ハザードマップのリンク集

を紹介します

 

 

●東京都土木技術支援・人材育成センター 東京の液状化予測図

 

東京都内の液状化ハザードマップです

地図の中からお住まいの地域をクリックして詳細を確認して下さい

 東京都液状化予測図

 

 

●放射能対策になるミネラルウォーターサーバーの選び方

 

日本中のウォーターサーバー会社50社以上を調査しました。

より放射能汚染の少ないであろう、ウォーターサーバー会社を厳選して紹介しています。

 

 

●東京都 江東区 東日本大震災による液状化現象被害状況

 

東日本大震災による実際の被害状況が書かれています

一部抜粋すると・・・

次の箇所で液状化の発生を確認しています。

・漣橋(潮見1丁目〜辰巳2丁目)

・新木場全域

・新砂2-5

・辰巳橋取付道路(東雲1丁目)

・辰巳1-10

・辰巳2-1

・辰巳2-9

・東陽1-3

・東陽2-4

・豊洲3-5

・豊洲5-6

・若洲2丁目

 

●千葉県地震防災地図 千葉県液状化マップ

 

千葉県の液状化マップです

千葉県は海に面した面積が多いため、沿岸部の液状化現象のリスクが高いです

 千葉県液状化マップ

 

●千葉県 浦安市 液状化現象被害報告(浦安市における東北地方太平洋沖地震の被害と対応

 

東日本大震災による浦安市内の被害状況(液状化現象を含む)が細かく書かれています

今後、浦安市に居住予定の方は確認をお勧めします

 

●Amazon 地震保険・生命保険・火災保険 関連書籍

 

 

 地震の被害は火災保険では、基本的にカバーされません。

 地震保険も契約内容によっては、十分な補償はありません。

 生命保険も掛け捨て型、貯蓄型など多種多様です。

 大災害の後で契約内容が悪かったと後悔しても無意味です。

 今こそ学んでください。

 

 

●神奈川県庁 アボイドマップ地震被害想定調査

 

『第2章 液状化予測のWordファイル』内に神奈川県の液状化現象の危険地域が色別に指定されています

絵自体を拡大できるので、自分の住んでいる地域を大まかですが確認することができます

 

●横浜市液状化マップ

 

横浜市の液状化マップです

沿岸部の埋立地は液状化のリスクがあるようです

みなとみらいの液状化に関しては、下のリンクで確認して下さい

様々な予想される地震のタイプ毎に、各地域の液状化の危険性が予測されています

 

 

●横浜市 液状化予想マップ 西区(みなとみらいを含む)

 

横浜市みなとみらいの液状化が気になる方はこちらをご覧ください

 

●川崎市 液状化ハザードマップ(川崎市における地震被害の想定について)

 

川崎市内の各区毎に公表されています

川崎区、幸区、中原区、高津区、宮前区、多摩区、麻生区の液状化ハザードマップが公表されています

 

 

●静岡県 地震動・液状化による推定建物被害率図(東海地震、神奈川県西部の地震)

 

静岡県の実質的な液状化現象ハザードマップです

現在最も発生確率が高い、危険な東海地震を想定しています

清水、焼津、磐田などの沿岸部は、やはり液状化のリスクが高いようです

PDFファイルです

 

 

●静岡県 インターネットGIS「第3次地震被害想定」

 

地震に伴う各種被害の予想図が静岡県のオンライン地図上に表示されます

かなり細かい番地まで対応していますし、航空写真に切り替えることもできます

PCの性能が普通以上だとスムースに使えるため、とても優れたマップだと思います

液状化現象ハザードマップです

 

 

●愛知県 東海地震・東南海地震等被害予測調査結果

 

愛知県のハザードマップです

名古屋港周辺や木曽川流域は、特に液状化のリスクが高いようです

地図を拡大すると、震度分布・液状化現象などのハザードマップがみえます

 

 

 

●三重県 東海・東南海・南海地震の被害予想

 

一番被害が大きいであろうシナリオにおける液状化ハザードマップです

東北地方と似た地形のため、三重県の沿岸部は多くの地域で液状化のリスクが高いようです

伊勢湾に面する桑名市、四日市市、鈴鹿市、津市、松阪市、伊勢市などは、特に液状化のリスクが高いようです

PDFファイルで、5ページ目に液状化ハザードマップがあります

 

 

●和歌山県 液状化危険度予測結果(東海・東南海・南海地震)

 

和歌山県の液状化ハザードマップです

三重県同様に沿岸部は液状化のリスクがあるようです

PDFファイルで、17ページ目に液状化現象ハザードマップがあります

 

 

 

●大阪府 防災危機管理 大阪府地震被害想定 液状化予想マップ

 

大阪府庁から様々な想定される地震毎の被害の予想図が公表されています

沿岸部および淀川流域の液状化の危険性が特に高いようです

「地震被害想定報告書」の中の、「ハザードの想定(液状化) [Wordファイル/1.46MB]」

が液状化マップになっています

(Wordファイルです)

 

 

 

●大阪市 液状化ハザードマップ

 

大阪市から公表されている液状化ハザードマップです

大阪府よりも細かいつくりになっています

液状化予測図にpdfファイルがあります

 

●Amazon 液状化現象対策・関連 書籍

 

 

 Amazonの特集ページです。

 液状化についての書籍が紹介されています。

 

●兵庫県庁 兵庫県防災会議

 

兵庫県庁からの発表です

関連資料に液状化危険地域予測マップがあります

 

直接見たい方はこちらをクリックしてください

兵庫県による液状化危険地域予測マップ

pdfファイルの一番最後に液状化マップが載っています

 

 

 

 

広島県庁 広島県地震被害想定調査結果

 

各種の想定される地震とそれによる被害予想が公表されています

液状化ハザードマップがあります

 

広島県庁 液状化ハザードマップ

 

●高知県 南海地震に備えてGOOD 液状化現象ハザードマップ

 

高知県の液状化ハザードマップです

PDFファイルです

高知県液状化ハザードマップ

 

●福岡県 土砂災害危険箇所マップ

 

液状化現象ハザードマップ自体は存在しないようです

土石流の危険箇所、急傾斜地崩落危険箇所、地すべり危険箇所が描かれています

参考までに載せておきます

 

福岡県 液状化関連ハザードマップ

 

●宮崎県庁 液状化ハザードマップ

 

一番最後の22ページに液状化ハザードマップがあります

宮崎市や大淀川流域は液状化のリスクが高いようです

PDFファイルです

宮崎県液状化ハザードマップ

 

●鹿児島県 液状化現象ハザードマップ

 

地震・液状化現象ハザードマップがあります

「1-5sinsai.pdf」の11ページ目に液状化ハザードマップがあります

 鹿児島県液状化ハザードマップ

 

●Amazon 液状化現象対策・関連 書籍

 

 

 Amazonの特集ページです。

 液状化についての書籍が紹介されています。

 

 

●Amazon 地震保険・生命保険・火災保険 関連書籍

 

 

 地震の被害は火災保険では、基本的にカバーされません。

 地震保険も契約内容によっては、十分な補償はありません。

 生命保険も掛け捨て型、貯蓄型など多種多様です。

 大災害の後で契約内容が悪かったと後悔しても無意味です。

 今こそ学んでください。

 

 

●放射能対策になるミネラルウォーターサーバーの選び方

 

日本中のウォーターサーバー会社50社以上を調査しました。

より放射能汚染の少ないであろう、ウォーターサーバー会社を厳選して紹介しています。

 

 

地震関連書籍・地震対策グッズ Amazon特集ページ  

 

●Amazon 防災グッズ特集

Amazonの特集ページです。

地震や津波などの大災害で孤立した場合・・・

数日自力で生き残るための、必要最低限の防災グッズが紹介されています。

  

●Amazon 地震対策・防災関連書籍

Amazonの特集ページです。

地震などの災害に備えて、あらかじめ知識を習得しておくことは重要です。

 

●Amazon 懐中電灯特集

Amazonの懐中電灯特集ページです。

職場や通勤かばんに1つ入っているだけで安心です。