三寶院 御宝前

 

  

  

    

   

  

 

御会式

    

    

    

    

 

       

 

       

 

 三寶院アメリカ法華講の御会式

  

毎年6月下旬の暑さの中で行なう、米国の御会式の桜の華です。

三角餅、平餅、アラレ餅、棹餅等は紙で作り、華の胴は木製です。三寶院の約1/3のミニサイズに作りました。

華の材料は三寶院から運び、メンバー皆んなで御華造りをします。

英語に訳した、日有上人、日蓮大聖人、日興上人の申状をメンバー全員で唱和します。

日有上人申状の後に住職が立正安国論を奉読し、信者さんは英語の立正安国論を黙読します。

米国にも必ず桜の華(日蓮大聖人の仏法によって仏性に目覚める)が満開になる時が来ます。