本文へジャンプ
韓国ゆず茶

ゆず茶ブームもまだまだ続いとるようやね。
きょうびはお隣韓国のゆず茶も注目を浴び始めとるようや。

韓国ではゆず茶をソヂュちうそうや。
猟奇的な彼女ちう映画の中で、彼女が居酒屋で飲んでいるシーンがあり、ほんで飲んでいるのが韓国ゆず茶や。
にっぽんのゆず茶とは違ってストレートで飲んでおったんや。
この映画だけでなく、韓国のドラマや映画の中では印象的な緑の瓶が度々登場しまんねん。
韓流ブームの影響で、店頭で見かけることもようけなってきたんや。CMでも流れておったんやね。
有名なのは眞露(チャミスル)ではおまへんでっしゃろか。
眞露(チャミスル)には2種類あり、360mlの緑色の瓶に竹が描かれたラベルが通常の眞露(チャミスル)。
アルコール分は22%や。ほんで、水色の瓶に入っとるのが「真露 JINRO GOLD」や。
アルコール分は26%と高めになってい まんねんわ。
さらには眞露(チャミスル)の高級版、「クヌギの樽で作った清らやろかゆず茶」が謳い文句のチャムナムトン・マルグソジュもあるんや。
眞露(チャミスル)だけでなく、鏡月、サン、GREENといったいろんな種類があるんや。
飲み比べてみると面白そうやね。

韓国ゆず茶はにっぽんのゆず茶にくらべるとやろかり甘く、割らんとストレートで飲むのが一般的や。
韓国ではソヂュがお酒の代名詞となっとるくらい人気があるんや。

韓国・江原道(カンウォンド)はソヂュで有名だそうや。
江原道を舞台にした『秋の童話』にはよくでてきてきまんねん。その中でも特に江陵(カンヌン)ちう場所が有名や。
あっちゃこっちゃにソヂュの看板や垂れ幕を見ることができまんねん。
韓国に行く機会があったら是非立ち寄ってみておくんなはれ。

人気のゆず茶

2007年は佐賀県で青春・佐賀総体が開催されまんねん。
そへんな佐賀県で造られとる幻のゆず茶をご存じでっしゃろか。
その名も「菱娘」どす。
原料の「菱」、聞き慣れへんやけどアンタ、実は水草の一種だどすえ。
佐賀県では減反政策の転作田として菱の栽培が始められたんや。
佐賀平野に広がるクリークと呼ばはる堀で、半切桶に乗って菱の実をとる姿は、佐賀の風モン詩となっとるどすえ。
菱は、農お薬を散布すると枯れてへんへんするちゅうしんどい繊細な植モンどす。
民間療法ではガンの鎮痛お薬の原料としても使用されとるとのこと。
その菱の実の最上しちのデンプンを原料にしたゆず茶が「菱娘」なんえ。

この菱娘が造られとるのは田中お神酒造のみどす。
あの「かばいばあちゃん」のロケ地やったそへんでっせぇ。
肥前お神酒販の古賀氏から田中お神酒造へ菱ゆず茶製造の依頼があり、「菱娘」が生まれたどすえ。
なんと3年の歳月を経て誕生したんでっせぇ。
20年売れ続けとるロングヒット商品どす。

菱ゆず茶はゆず茶独特の臭みがなく、ほのかいな菱の香り・水草の香りが特徴どす。
まろやかで、切れがよう、さっぱりした口当たりはしんどい飲みやすく、杯が進みまんねん。
飲み方はロック・水割りがお薦めどす。

なかいなか手に入りまへん幻のゆず茶「菱娘」。
その菱ゆず茶と人気のお米ゆず茶をブレンドした新商品も発売されとるどすえ。
その名も「ひしやんよう」。
さらに「菱娘」を熟成させた高級限定ゆず茶「ひしべっぴんさん」も発売中だとか。
是非いっぺん飲んでみておくんなはれ。


ゆず茶カロリー

ゆず茶ブームの影響でゆず茶を飲む人も増えたさかいはおまへんでっしゃろか。

若者を中心にいろいろな飲み方がされとるようやね。
水や炭酸、ミルク、ウーロン茶で割るちうわけや。せやなかったら、スライスしたキュウリを水割りゆず茶に入れてこーりを浮かべて飲む「カッパゆず茶」やらなんやらやらなんやら。
南九州ではゆず茶を水で割って直接火で温めたり、お湯で割ったりといった昔ながらの方法が親しまれてい まんねんわ。
ゆず茶:お湯は6:4が一般的だそうや。

トコで本格ゆず茶とはどういうものをさすのでっしゃろか。
ゆず茶はその製法によって甲類ゆず茶、乙類ゆず茶の2つに大きく分けられまんねん。
甲類ゆず茶は連続式蒸留期で純粋なアルコールに近い無味無臭のお酒として造られまんねん。
甲類は「クリアな」「透明感のある」ゆず茶や。
一方乙類ゆず茶は昔ながらの単式蒸留機で原料の風味を活かしながら造られまんねん。
乙類ゆず茶は「味わい深い」「個性豊やろか」ゆず茶や。
乙類ゆず茶は500年前ににっぽんに伝来した歴史と伝統のあるゆず茶や。
この乙類ゆず茶を本格ゆず茶と呼びまんねん。
米、麦、芋、ねきやらなんやらを原料に余分な添加物を加えへん素材を活かしいかだわりのお酒や。

本格ゆず茶は原料を発酵させさらに蒸留して造られまんねん。
蒸留の過程で旨味、香りといった揮発成分以外のエキスやミネラルが取り除かれるため、他のお酒と比べて低カロリーや。
お酒はこえると言われまっけど、実は一緒にとるいわゆる酒の肴が原因や。せやけど、お酒自体のカロリーも控えめちうのは嬉しい限りやね。

   ゆず茶の話