ACTIVEハイスロットル&トライアンフスイッチボックス

ACTIVEさんのTYPE-3ハイスロットルを格安ゲット^^                     
久しぶりのカウル外し。先日のリアマスターオペの甲斐もあって、マスターシリンダーを外さなくてもカウルが外せるようになりました。


純正のワイヤーを撤去します。お世話になった純正スイッチ&スロットル


ハイスロ付けてワイヤーを引きます。先にインジェクション側を固定して、、、                     


スロットル側で微調整分を確保してから、センターアジャスターで全体調整。


次はスイッチボックスです。純正を継続使用しても良かったんですが、純正スイッチボックスはスロットルを兼ねている為、幅がありすぎるので却下。
チョイスしたのはトライアンフデイトナ675のスイッチボックスです。破格の600円でゲッツ^^                     


スイッチ側6極カプラーに対して車体側は9極カプラーです。テスターでチェックしながら、仮結線して動作テスト。


配線は左図の通りです。カプラーを再利用して本結線していきます。


半田付けして絶縁処理し、カプラーに戻します。
                    


純正チックに完成。後はハンドルに位置穴を開けて


完成、んー実に良いよー^^ マスターシリンダーの位置は一切変更していません。純正スイッチボックスの幅内で、ハイスロとスイッチが綺麗に収まりました。