Frandoセミ油圧クラッチ

Frandoさんのセミ油圧シリンダーを装着します。2箇所小加工が必要なだけなので簡単です。
ピストン径が12mmと14mmの物がありますが、14mmを選びました。12mmのエアブリードバンジョーは専用品なのに対して、14mmのエアブリードバンジョーはブレンド等と同じピッチ1.0で汎用性がある為です。                     
ノーマルワイヤーを外します。                     


(左)加工箇所1
クラッチアーム先端ケーブルストッパーのワイヤーを通す切り込みが細く、油圧シリンダーのロッドが通らない為、リューターで0.5mm程度削りました。                     
(右)加工箇所2
ロッドが長い為、赤線の位置で10mm前後カットします。付属しているタイコも長くて使えない為、タイコは余っていたショートパーツで適当に代用しました。OVERさんのエンジンスライダーステーと干渉するかドキドキでしたが、ギリギリセーフです。


BIKERSさんのケーブルホルダーを使用していますが、ノーマルホルダーでも大丈夫そうです。ホースを接続してクラッチ側は完了。                     
(右)動作の動画です。イニシャルアジャスタ1(最小)での動作ですが、最少の引き代でも十分にクラッチが切れます。因みにアジャスタを6(最大)にすれば20mm程度ストロークします。