Gクラフト スイングアーム スタンダード 20cmロング

リア周りをバラします

1.リアショックを固定しているナットを4箇所緩めておきます[14mm]
2.アスクルシャフトを緩めておきます[19mm、14mm]
3.リアフォークピボットナット(スイングアームとフレームを止めているボルト)を緩めておきます[17mm、14mm]
4.チェーンテンショナーを緩めます[10mm]
5.チェーン連結クリップを外して、チェーンを外します
6.Rブレーキアジャストナットを外します(ブレーキを調整するナット)
7.ブレーキロッドの割りピンを外して、ブレーキロッドを取り外します
8.マフラーを外します
9.娘からキティちゃんの踏み台を借ります
10.エンジンの下に踏み台を乗せて、Rタイヤを浮かせます
11.「1.〜4.」で緩めておいたナット達をすべて外します
12.タイヤ、ショック、スイングアームの順に取り外します

これでリア周りは写真の状態になります

ロンスイにするとRフェンダーにタイヤが干渉するので、
Rフェンダーも外してしまいます


スイングーアームを仮止めしてから、Rショックを仮止めします。

リアショックはSHIFT UPの280mm無段階プリロード


















タイヤを取り付けます
※アスクルシャフトは仮止めです











チェーンの長さが足りなくなるので新調します、モンキーのドライブチェーンサイズは420です

キタコとEKが共同開発した「ライトウエイトチェーン」

名前の通り軽いみたいです。
エンジンの動力を後輪に伝える際に、重いチェーンを回すより、軽いチェーンの方がパワーロスが少ないので、出力が多少上がる事を売りにしています。

理論的には説明が付きますので納得感はありますが、体感はできません(笑)











チェーン交換後

スイングアーム20cmロング
リアショック280mm
ドライブスプロケ16T
ドリブンスプロケ28T

の状態でチェーンは104コマで丁度でした





チェーンテンショナーで張りを調整してから、アスクルナットを規定トルクで本締めします
他の箇所も規定トルクで本締めして完成

アスクルナット 3.5〜5.0 kgf-m
リアショック 2.5〜3.5 kgf-m
フォークピボットナット 2.5〜3.5 kgf-m

最後にブレーキ調整をお忘れなく…大変な事になりますので