SP武川 TAFクロスミッション5速

TAFの名に相応しくメインシャフトギアが厚いです。従来品のギアレシオを継承しつつ、耐久性向上&ショートストロークシフトフォーク&ドック形状によるギア抜け防止効果と良い事尽くし。
武川に限らず5速化するとメインシャフト側のM5ギアがケースに干渉するので、プチ加工が必要なんですが、グランダーは入らないし、ベルトサンダーは実家なので、リューターのディスクグラインダーで隅出し後、ロッキングプライヤーで圧し折って、砥石で表面処理しました。



C3高速ベアリングをケースへ圧入



仮り組みしてキックスピンドルを解体。



本組みしてニュートラルスイッチを確認。