上矢作の 福寿草



上矢作町達原大平地区にある 福寿草の自生地です。
この地区の3軒の個人宅の田んぼの土手に自生します。
住民のご協力によって、開花期間中一般開放されます。


今年の福寿草自生地一般開放

平成25年3月9日(土)〜3月31日(日)

入場には環境保護協力金お一人300円が必要です。
お問合せ
福寿草を守る会
事務局
恵那市役所上矢作振興事務所内
0573-47-2111

天気の良い日を選んでどうぞ。


自然の福寿草は、厳しい寒さの中で咲くだけあって、輝くような生命力を見せます。 雪の中でも、太陽の光が指すと、黄金色の花を咲かせてくれます。
自生地の遠景です。棚田の土手に、毎年彩りを見せてくれます。 二番花と言われるちょっと小ぶりの花が群生したところです。
寒風の中、寄り添うように咲く、福寿草です。 この季節には、花を愛する大勢の方がたずねてきます。

大平には元から自生の福寿草のほか、
民家の花壇に移植した八重の福寿草があります。
この福寿草は「福寿海」といい、比較的栽培が容易な品種です。
天然の福寿草よりかなり早い時期から咲き出します。



目次のページへ



http://1st.geocities.jp/kamiyahagi5559/
since2007.1.7 produce by kamiyahagi5559