Vitamin D  カルシフェロール ビオスチロール エルゴステロール “日光のビタミン”

 

脂溶性

太陽光線と食事から得られる

紫外線が皮膚の脂肪「コレステロール」 に作用して作られ、吸収される

口から入ったDは脂肪と一緒に腸壁膜から吸収される

カルシウム+銅+マグネシウム+セレン+ナトリウム→ 最大効果

 

成人一日/200〜400IU 

 

都会のスモッグは紫外線を吸収し、Dの合成を損なう。過度の日焼けはその生産をストップする

 

効果                    

丈夫な骨と歯

カルシウム、リンを適切に使えるようにする   

+A+Cで風邪の予防。結膜炎の治療の助け

Aの吸収を助ける

 

欠乏症            

くる病/ひどい虫歯/骨軟化症/老人性骨粗鬆症

 

食品                    

魚の肝油、いわし、にしん、鮭、マグロ、ミルク、乳製品

 

サプリメント       

魚の肝油から摂ったものが一般的

 

毒性と過剰        

成人一日/2000IU以上の摂取で毒性が現れる/子供一日/18000IU以上の摂取でD過剰症の原因   

異常なのどの渇き、目の痛み、皮膚のかゆみ、吐き気、下痢、頻尿、血管壁、肝臓、肺、腎臓、胃への異常なカルシウムの沈着

 

                       

鉱油、スモッグ

 

アドバイス         

抗痙攣薬の服用、夜勤、スモッグのひどい地域の人は、Dの摂取量を増やす必要がある

 

home