脂肪肝防止栄養素

                     

メチオニン、 コリン、 イノシトール ベタイン。肝臓に脂肪が過剰に貯まることを防ぐ。抗体の産出、食細胞の成長と活動を刺激して胸腺を助ける。

 

脂肪肝防止栄養素は、肝臓がレシチンを多く作り出すことを促す。

コレステロールを溶かし、肝臓を解毒する。胸腺の機能を助け抵抗力を高める。

メチオニンとコリンはタンパク質代謝の副産物としてできてくるアミンの解毒に必要。抗体の産出、食細胞の成長と活動を刺激して、胸腺の働きを助ける。

 

 

home