唾液に含まれる酵素「プチアリン」 がでんぷんを分解し、単糖体に変えはじめる。

 

                       

胃壁からはアルコール以外ほとんど何も吸収しない。 塩酸によって環境は酸性。                           

酵素「ペプシン、レニン」 が腸壁からの吸収がしやすいようにタンパク質を分解。

 

小腸                    

ほとんどすべての栄養素の吸収が行われる。環境はアルカリ性。消化・吸収にはアルカリ性の環境が必要。                     

アルカリ性食品の必要性 →      【緑黄色野菜、海草類、水】

 

大腸                    

水の吸収 「貯蔵と脱水」 → 十分な水分の供給が必要

 

肝臓                    

脂溶性ビタミンの主たる貯蔵庫。「ビタミンA /D、グリコーゲン」 強力な解毒器官。

酵素、コレステロール、タンパク質、ビタミンA「カロチンから」血液凝固因子などを作る。胆汁の生成。脂肪性の物質を乳化、消化能率を高める。

 

胆嚢                    

胆汁を貯蔵、科学的に微変化させる。

 

膵臓                    

ランゲルハンス島からインスリンを血液中に分泌。糖の燃焼を促進。 膵臓液「消化酵素」の分泌。

リパーゼ 「脂肪分解」 プロテアーゼ 「タンパク質分解」 アミラーゼ 「でんぷん分解」

 

home