アロマテラピーの源流

 

    植物を使い始めた人類〈先史時代から古代エジプト〉

化石人類で知られるネアンデルタール人の埋葬された墓が見つかったときのことです。そこにはタチアオイという植物の花粉の跡がありました。

この古い人類も死者を花で飾る心があり、花の美しさを愛でていたということでしょうか。

古代文明が起こったエジプトでは、死後の世界と魂のよみがえりを信じていて、魂が帰ってきたときの入れ物としてミイラを作りました。

ミイラ作りには乳香や没薬などの防腐効果のある植物が用いられました。

このころの植物の利用は、薫香「お香」と湯やオリーブ油などにつけ込んで作る浸剤「ハーブオイル・ハーブティナド」が主流でした。

 

新約聖書の逸話

 

    新約聖書のイエス・キリストの誕生物語の中に、東方の三賢人がイエス誕生の馬屋で、黄金、乳香、没薬を捧げた。というくだりがあります。

黄金は現世の王を象徴し、乳香と没薬は「神の薬」を意味するといわれ、

まさに、この世に降り立った救世主に捧げる品物としてふさわしいものだったのです。

乳香はフランキンセンス、没薬はミルラとして今日もアロマテラピーで広く利用されています。

 

医学を創始した人々

 

   古代地中海世界、すなわちギリシャ・ローマを中心とした国々で、西洋医学は産声をあげました。

ヒポクラテス、ディオスコリデス、プリニウス、ガレノスたちが、それぞれ医学や薬学、植物学、本草学の礎を築いたのです。

 

古代ギリシャ・ローマ時代の先人たち

 

    医学の祖と呼ばれるヒポクラテスの考えは『ヒポクラテス全集』によりうかがい知ることができます。

彼はそれまでの呪術的な手法を退け、病気を科学的にとらえ現代にも通じる医学の基礎を築いたのです。

テオフラストス(紀元前373カラ287)は、古代ギリシアの哲学者でアリストテレスの弟子、植物学の祖といわれています。

彼は多方面に活躍しましたが、『植物誌』を著し、植物の分類や系統だった研究を行いました。

ディオスコリデスはローマ時代の医師で、50年〜70年頃活躍した人物です。ネロ皇帝統治下のローマ帝国内で軍医として働きました。

広く旅して薬物を実地研究し、『マテリア・メディカ(薬物誌)』を著しました。

薬物を植物・動物・鉱物万般を収れん・利尿・下痢など、薬理・機能上から分類し、

収載されている植物は600種、薬物全体で1000項目にも及びました。

『マテリア・メディカ』は中世・近代ヨーロッパ、アラビア世界において千数百年もの間、

広く利用された古典です。現存する複写本としては512年に写本され、ビザンチン帝国の皇女に献上されたといわれる

壮麗な『ウィーン写本』が有名で、400近い植物彩画を含む491枚にのぼる羊紙から成っています。

古代ローマの博物誌家であったプリニウスは、大自然すべての生態に興味を抱き、77年『博物誌』全37巻を著しました。

他の誰もがなしえなかった大規模な自然誌で、植物に寄せる彼の愛情や、

質実剛健な古き良き農業国ローマの伝統が賛美される大作です。

今なおこの作品は読み続けられており、彼の業績の偉大さをはかり知ることができます。

古代においてヒポクラテスに次ぐもっとも著名な医学者として知られる

ガレノス(129〜199)はコールドクリームなどの製剤法の創始者として知られています。

彼は古代の医学を集大成し、以後17世紀に至るまで西欧における医学の権威として崇められ、アラビア医学にも絶大な影響を与えました。

ヒポクラテスを医学の神として高く評価し、

ヒポクラテス医学を基礎として、自らの解剖学的知見と哲学的理論によって、体系的な学問としての医学を築き上げました。

動物の解剖を行い、脳神経形、筋肉、眼、骨などについて優れた成果をあげましたが、人体の解剖は行いませんでした。

生理学・病理学においては、肝臓・心臓・脳を生命活動の中枢であるとするなど、輝かしい業績を残しました。

 

古代ローマとヘレニズム文化

 

    ローマ皇帝ネロとローマの公衆大浴場

皇帝ネロ(37〜68 在位54〜68)の時代から、ローマは都市政策の一環として、火災を防ぐために数階建ての集合住宅の浴室設置を禁じ、

その代わりに公共の浴場の建設が進められました。

風呂を持たない一般市民はこのような公衆浴場を利用していました。216年に完成するカラカラの浴場では、

浴場内で香油を塗ったりしていたといわれています。皇帝ネロのバラ好きは有名で、

バラの香油を身体に塗らせたり、部屋をバラの香りで満たしたりしていたといわれています。

このようにローマ時代の人々は、皇帝だけでなく、一般市民に至るまで公衆衛生と楽しみをかねて、香りを贅沢に使っていたのです。

 

アレキサンダー大王時代の東西ハーブの交流

 

    アレキサンダー大王(アレクサンドロスV世)は紀元前336年〜323年に在位した、マケドニア王国の王です。

13歳の頃から3年間、哲学者アリストテレスのもとに学び、紀元前336年に19歳で即位しました。

2年後、東方遠征を始めアケメネス朝ペルシア帝国を滅ぼして中央アジア、インド北西部に至る広大な世界帝国を実現しましたが、

その志半ばに、32歳でバビロンで病死しました。彼の東征と大帝国の建設を契機として、

東西に活発な文物交流の場が開かれ、ヘレニズム文化と呼ばれる豊かな世界文化の時代を迎えることになりました。

このころ東西のハーブやスパイスが交易品として盛んに取り引きされるようになりました。

 

東洋における伝承医学の発展

 

   インドにおけるアーユルベーダ医学の成立

アロマテラピーに大きな影響を与えたと見られるアーユルベーダ医学は、

紀元前1200〜1000年頃、インドに成立した最古の神々への讃歌集『リグ・ベーダ』にその源流がみられます。

アーユルベーダ医学は医学のみならず、宇宙観、自然観を含む哲学であり、一方では具体的な生活方法をも含んでいます。

アーユルベーダは本来、伝承的に伝えられ、

書物として成立したのは思想の成立よりずっと後になってのことで、歴史的には約3000年以上の歴史を持つものと推察されます。

 

中国における本草学

 

    西洋のディオスコリデスの『マテリア・メディカ』と並んで有名な東洋の薬草学書といえば、『神農本草経』です。

中国では薬物について書かれた本を本草書といい、最古のものは2〜3世紀の漢の時代にまとめられています。

『神農本草経』は、後に5世紀末の陶弘景によって再編纂されて、

730種の薬石が記された『神農本草経集注』という形で今日に伝えられています。

神農とは、中国の神話にある農業神でしたが、漢の時代に中国太古の伝説上の皇帝、炎帝とされるようになりました。

今日、中医学、あるいは漢方として知られる医学はこのようにして成り立ってきたのです。

 

香料・植物療法の発達

 

    地中海世界、ヨーロッパ、アラビアにおける技術的発展

アロマテラピーの歴史上、忘れることができないものに、精油蒸留法の発明があります。

それまでの香りの利用法は古代以来、薫香や浸剤の形で利用されてきました。

新約聖書の中に「ナルドの香油」の一節がありますが、

これはおそらくチベット地方にあるスパイク・ナルドという植物を油に侵出させたものであったと考えられています。

精油の蒸留は、錬金術と呼ばれる技術の中で完成されたものです。

錬金術の歴史は古代ギリシア、ヘレニズム文化にその起源をさかのぼるといわれますが、

その後、ヨーロッパおよびアラビア世界で発展を続けました。

錬金術は科学以前の「魔術」的なものとの誤解もありますが、

現代の「化学」の前駆的な役割を果たしているという解釈に変わってきています。

アラビア、ヨーロッパに定着したキリスト教世界では、古代ギリシア文化を異端として排斥した歴史があり、

そのため錬金術も黒魔術的なものとして否定される傾向にありましたが、

イスラム世界アラビアでは、肯定的に受けいられ大きな発展をみました。

 

イブン・シーナ

 

    イブン・シーナはラテン語でアビセンナAvicenna、アビケンナ、アウイケンナとも呼ばれています。

医学に傾倒した哲学者で、980年頃プラハ郊外に生まれ、1037年ハマダーンで没したとされています。

幼少の頃より天才性を発揮し、18歳の頃アリストテレス哲学を修得、独自の哲学を展開しました。

とりわけ哲学者として「現存するものはすべて必然的である」という存在論を展開しています。

医学者としての名声も高く、精油の蒸留法を確立し、治療に応用し、

その医学書『医学典範』(カノン)は17世紀頃まで西欧の医科大学の教科書に使われたほどの古典です。

彼が確立したといわれる精油の製造法と医学への応用は、アロマテラピーの原形といっても過言ではないと思われます。

 

中世僧院医学とサレルノ医科大学

 

   中世ヨーロッパでは教会や修道院を中心に僧院医学と呼ばれる薬草中心の医学が行われていました。

しかしながら、そのような自給自足の生活も、中世半ばをすぎる頃には都市が現れ始めたため、

次第に職業としての医師が必要とされるようになりました。

イタリアのナポリから60kmほど南の港町サレルノは、ヒポクラテスの町と呼ばれるほど、医学で有名でした。

文化的にはギリシア、ローマ、アラビア、ユダヤの四つの文化が認められ、

より多くの文化圏からその知識を吸収することができたのです。

10世紀末には、医学を教える施設が創られており、

4文化圏出身の教師たちによってそれぞれの進んだ考え方が教えられました。

『サレルノ養生訓』などの著作は、ヨーロッパ全土にもたらされ、サレルノ医科大学のカリキュラムは、

中世の多くの大学が範とするほどでした。

また1140年に、この地の領主シチリア王によって、医師の国家免許ともいえる制度が始められました。

「医療を行うものは、試験を受けて合格することを要する」という意味の布告がなされ、

医師開業に制限が加えられるようになったのです。

 

十字軍の遠征と東西文化の交流

 

    キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、この3宗教共通の聖地といえばエルサレムです。

1070年、このエルサレムがイスラム教徒によって占拠され、

さらにイスラム教徒によるビザンチン帝国の侵略があり、東方正教会防衛の必要が訴えられました。

これに対しローマ教皇は、エルサレムの聖墳墓の奪還を最終目標として、十字軍を派遣しました。

1095年の十字軍宣言カラ1291年のアッカー陥落までが十字軍遠征の期間とされています。

十字軍は最終的には占領地をことごとく失い、歴史的には悪評の法が多いのですが、

この間に多くの人々が地中海世界の東西と行き交い、

西欧キリスト教徒たちにグローバルな視野の拡大をもたらしたことも事実です。

このように十字軍は、その軍事的意味合いよりも、地中海世界の文化交流を促したことにその意義が認められるでしょう。

その中で東西のハーブや薬草、アラビアの医学や精油蒸留法などがヨーロッパに伝えられました。

 

僧院医学からハーブ医学へ

 

ハンガリー王妃の水

 

    中世ヨーロッパの僧院医学において、

ハーブや精油、アルコールなどが用いられ始めた頃のエピソードに「ハンガリー王妃の水」=ハンガリアンウォーターがあります。

ハンガリー王妃のエリザベート1世は、若くして夫を亡くし、君主として長きにわたり善政をしいておりました。

ところが、彼女が晩年近くなったとき、手足が痛む病気にかかり、政治もままならくなってきたのです。

これを気の毒に思った修道院の僧が彼女のために、ローズマリーなどを主体として作った痛み止め薬を献上したところ、

彼女の状態はみるみるとよくなり、70歳を越えた彼女に隣国ポーランドの王子が求婚したというのですから驚きです。

この痛み止め薬は後に、「若返りの水」の評判がたち、今に伝えられています。

 

16世紀頃からのハーバリストたちの活躍

 

    1500年代にはいると、歴史に名を残すハーバリストたちの活躍がありました。

ディオスコリデスやイブン・シーナたちの著した古典的な書物をもとに、

植物学、本草学、医学のさらなる発展の機運が高まってきたのです。

 

ジョン・ジェラード、パーキンソン、カルペッパー

 

    ジョン・ジェラードは、ロンドンのホルボーンに薬草園を開きました。

彼の薬草園は当時のヨーロッパでは非常に有名なものでした。

彼は薬草園にある植物を注意深く目録にまとめ、1597年『本草あるいは一般の植物誌』を著しました。

またチャールズ1世に仕えたハーバリスト、ジョン・パーキンソンの

著書『広範囲の本草学書』も大西洋を渡った書として有名です。

この時期には新大陸への移住者が好んで携えたものにニコラス・カルペッパーの“the English Physicians”があります。

彼は当時の医者を批判し、自らの健康は自らが守ることを主張しました。

彼の知識には薬草やハーブに関するものの他に、占星術などの文化的なものも含まれていました。

現代のアロマテラピストの中にも、この占星術などをカウンセリングに取り入れ精油の選択に利用している人もいます。

 

ケルンの水

 

    17世紀末、イタリア人理容師のフェミニスは外国で一旗あげようと、ドイツのケルンに移り住みました。

彼はケルンで創した「オーアドミラブル=すばらしい水」を売り出して好評を博しました。

オーアドミラブルは「ケルンの水」のニックネームで呼ばれるようになりました。

これは最古の香水であり、また同名のフランス語への読み替えは、

1742年に登録商標になった「オーデコロン」としても知られています。

このケルンの水はハンガリー王妃の水に用いられたアルコールは、

酒として有史以前より人類に親しまれてきたものですが、

酒酔いの原因になる成分として発見されたのは15世紀頃といわれています。

 

 

近代化学の発展(近世ヨーロッパ)

 

    十字軍の遠征(10〜13世紀)の後、ローマ教皇の影響力が衰え始めると、

ヨーロッパでは国王を中心とした大きな国が現れ始めました。

大きな力を持ったスペインなどの国々は、新しい領土の発見のために大きな船を造り世界に送り出しました。

大航海時代の幕開けです。彼らの一番の関心事は香料や香辛料でした。

肉を保存し、また古い肉をおいしくさせるコショウなどの香辛料が、商人たちを命がけの航海へと駆り立てました。

いつの時代も植物や香りは、黄金と同じく高価で貴重なものだったのでしょう。

もちろん現在では、これらの香辛料からも多くの精油が製造され使用されています。

 

貴族たちの贅沢と香水

 

     ヨーロッパの王侯貴族たちの贅沢な暮らしぶりは、香水や香料の需要を生み出しました。

16世紀から17世紀にかけて、イタリアやフランスのプロバンス地方で柑橘系の植物から香料が作られ始めました。

中でもフランス南部プロバンス地方のグラースは、現在も香水の町として知られ、香水生産では世界一を誇っています。

グラースの香水産業は、ルイ14世時代の産業の育成政策として行われ、

イタリアから香料生産に優れた革手袋職人の家族をグラースに住まわせたことが始まりです。

この時代の香水は今のような液体ではなく、ニオイ付きの革手袋として貴族の間で流行しますが、

その後、液体の香水だけが用いられるようになりました。

香水は当初、金や銀、宝石で装飾をした高価な香水瓶に入れられていましたが、

安価で美しいガラス製の香水瓶が使われることが多くなってから、

フランス国民に広く愛されるようになりました。このころ香水は花やハーブの精油が原料となっており、

現在のように合成香料が使われ始めたのは、19世紀の終わり頃からです。

 

近代的な化学工業が始まる。

 

   17世紀末、フェミニズが発売した「オーアドミラブル」は香水としてだけではなく医薬「胃薬」としての役割もありました。

この頃のハーブや薬草を原料にした製品はまだ医薬品、化粧品、食品の区別が明確ではなかったのです。

例えばカクテルで用いるリキュールも傷や痛みにつけるチンキ剤も、

よく似たものでしばしば医薬品と食品の療法に用いられていました。

19世紀に入ると薬用の植物から次々と有効成分が分離精製されるようになりました。

やがて同じ成分を石油や石炭などの鉱物原料から合成できるようにもなりました。

近代的な化学工業の技術により、植物からではなく、

化学工業的にいろいろな作用や効果のある薬が作り出されるようになったのです。

 

 

アロマテラピーの登場           ガットフォセによる「アロマテラピー」の命名とフランスにおけるアロマテラピー

 

ガットフォセによる研究

 

    フランス人科学者、ルネ・モーリス・ガットフォセが、化学実験中に事故で火傷を負い、

とっさに目の前にあったラベンダー精油をかけたところ、みるみる回復し彼自身を驚かせた。というエピソードがあります。

彼はこの経験の中から、香りのある精油の治療的な効果に目覚めこの研究に没頭するようになりました。

今使われている「アロマテラピー」という用語は、1931年頃ガットフォセが造語したものです。

 

ジャン・パルネによる実践

 

   このようにアロマテラピーは当初、精油の薬理作用の研究として始まりました。

精油の持つ殺菌、消炎などの作用の応用から始まったのです。

フランスの軍医で、第二次世界大戦およびインドシナ戦争に従軍したジャン・パルネ博士は、

抗生物質の使用に疑問を感じ、

軍籍を離れた1964年 “aromatherapie”(邦訳『ジャン・パルネ博士の植物=芳香療法』)を著しました。

パルネは1920年、フランスのフランシェ=コンテ地方に生まれ、ラ・フレーシュ陸軍幼年学校を終えた後、

陸軍衛生学校とリヨン大学医学部で医学を修めました。

1942年、第二次世界大戦中のドイツ戦線に軍医として従軍し、

その後インドシナ戦争の1950年から53年にトンキンに滞在して、

前線から送られてくる負傷者たちに、芳香薬剤を用いて手当を行い、目を見張る効果を上げました。

彼は「役に立つこと」「科学的領域にとどまること」に重点を置き、

同業の医師や薬剤師たちに同意を求めるためのアロマテラピー啓蒙に力をつくしたのです。

このように、フランスでは主として精油を薬として用いる方法が研究され、

フランスのアロマテラピーの特長となって今に至っています。

 

現代のアロマテラピー                 イギリスで起こったホリスティック・アロマテラピー  

 

    イギリスでは、フランスとはまた違ったアロマテラピーが生まれました。

1960年代フランスで活躍したマルグリット・モーリーは、精油を使った心身の美容と健康法として新しい考え方を示しました。

マルグリット・モーリーはは、1950年代から60年代に活躍した生化学者です。

彼女はインド、中国、チベットの伝統的な医学や哲学を研究し、

精油を植物油に希釈して、マッサージするという方法を示しました。

この方法はフランスの内服中心、薬理作用重視のアロマテラピーとは対照的に、

精神と肉体のアンバランスに対しての個人的な処方によって、

そのバランスを正常化するという方法論を提示しています。

彼女はこの研究成果を著した

“ル・キャピトル…ジュネス” 『もっとも大切なもの…若さ“the Secret of Life and Youth”』を1961年に出版し、

美容の国際的な賞ではる「シデスコ賞」を受賞しています。

この著作は後に英訳されイギリスのアロマテラピーに大きな影響を与えました。

多くのアロマセラピストが彼女の研究成果を、実践的に展開する方向に向かったのです。

これが後にイギリスにおけるホリスティック・アロマテラピーと呼ばれるようになりました。

ホリスティック  「全体的」「包括的」の意。身体に起こったトラブルを個別部位ではなく心を含めた身体全体の問題としてとらえる。

全人格的なものとしてアプローチする。

 

イギリスにおける大衆化

 

   イギリス人たちは、持ち前の自然を愛する心でこのアロマテラピーを歓迎しました。

1960年代から1980年代にかけて、シャーリー・プライス、ロバート・ティスランドたちは、

アロマテラピースクールを開設し、多くの専門家たちを育てました。またそれらを卒業したアロマテラピストたちは美容サロン、

医療現場、そして福祉の施設、カウンセリングの手法として、多彩な展開と大衆化を実現していきます。

 

アロマテラピーの学術的研究

 

    イタリアの医師ガッティーが1920年代に、同じくイタリアのカヨラが1930年代に

それぞれ精油の心理的作用と、スキンケアへの応用といった幅広い分野にわたって研究しています。

1970年代にはいって、香りが神経症やうつ病に効果があることが知られるようになりました。

ミラノの植物誘導体研究所長のパオロ・ロベスティは、イタリアにあるオレンジ、ベルガモット、レモンなどの

柑橘類の精油とその加工品を、このような症状に対して用いると非常に有効であることを発見しました。

この研究は香りの精神科の臨床例としては世界最初のものといわれています。

香りの心理的効果についての研究として有名なものに、

日本の東邦大学名誉教授、鳥居鎮夫博士のものがあります。

鳥居博士は、随伴性陰性変動(CNV波)と呼ばれる特殊な脳波を用いて、香りの刺激作用や鎮静作用を研究しました。

このときに使われた香りは、ラベンダーやレモンでした。彼はイギリスのアロマセラピストたちとの交流もあり、

アロマテラピーの学術研究の先駆者として高い評価を得ています。

 

home