ノコギリヤシ(ソーパルメット)はヤシ科シュロ属の低木で果実の部分が使用され、北米が原産です。

アメリカではソーパルメットと呼ばれています。ノコギリヤシはアメリカンインディアンの間で古くからに愛用されてきた果実です。

ノコギリヤシの果実エキスの、前立腺の肥大を抑えたり、排尿障害を改善する働きが注目されています。

ヨーロッパではすでに前立腺肥大症の治療薬として認可され、医療現場で盛んに使われています。

一日に何度もトイレへ行って不愉快な気分を味わうことは、本人にとって強烈なストレスとなります。

そのストレスが原因で、様々な別の病気を招く心配さえ出てきます。

ノコギリヤシの果実エキスで排尿がスムーズになれば、それだけでも、苦しんできた人の心身は大いに救われ、また潤い、老後の生活がより豊かなものとなるはずです。

まさに「生活改善食品」ともいえる、こうしたノコギリヤシの果実エキスの効果は、今後の高齢化社会において、中高年男性の心強い味方となるでしょう。

ノコギリヤシは、やしの仲間ではもっとも小さな種類で主としてアメリカの南東部に自生しています。

その果実が高齢になった男性が半分以上が悩まされている、前立腺肥大に対する大きな働きが注目されています。
前立腺が肥大するのは前立腺の中で、ジヒドロ・テストステロンという男性ホルモンが受容体と結合して増えすぎるのが原因と考えられています。

ノコギリヤシは、ジヒドロ・テストステロンの生成を抑え減少させるというのが現在最も一般的な説となっています。


home