ヘマチン

生命維持に必要な酸素を運ぶ成分から抽出され、髪に吸着しやすく、髪のケラチンタンパク質の結合を強化します。

痛んだ髪を補強し、つや・腰を与えるとともに、育毛を促します。

紫外線吸収作用

シャンプーや水洗いをしてもその効果が長続きします。

消臭作用

パーマのアンモニア臭、メルカプト臭、頭皮の臭いなどを取り除きます。

残留薬剤の除去

過酸化水素を分解・除去します。

養毛・育毛促進作用

元々養毛・育毛剤として開発されました。

 

ポルフィリン (porphyrin)

 

   ピロールが4つ組み合わさって出来た環状構造を持つ有機化合物。

環状構造自体はポルフィン (porphine) という名称であるが、これに置換基が付いた化合物を総称してポルフィリンと呼ぶ。

古代紫(ポルフィラ)が名前の由来。類似化合物としてフタロシアニン・コロール・クロリンなどがある。

分子全体に広がったπ共役系の影響で平面構造をとり、中心部の窒素はやマグネシウムをはじめとする多くの元素と安定な錯体を形成する。

また、πスタッキング(J会合)によって他の化合物と超分子を形成することもある。

金属錯体では、ポルフィリン平面に対してz方向に軸配位子を取ることも多く、この効果を利用しても様々な超分子がつくられている。

ポルフィリンや類似化合物の金属錯体は、

生体内でヘモグロビン、クロロフィル、シアノコバラミン(ビタミンB12)、シトクロムなどの活性を発現させる重要な役割を担う他、

人工的にも色素や触媒として多様に用いられる

 

合成

 

   ポルフィリンを合成するには、ピロールとアルデヒドを酸性条件で縮合させるのが一般的である。

用いるアルデヒドを変化させることで、ピロール間の炭素上(メソ位)へ、またピロールの誘導体を使うことでピロール上へ様々な置換基を導入することができる。

ただし、この方法では他にも多くのピロール重合体が生成するため、収率はあまり高くない。

ピロールから多段階で合成を行うことで、非対称的なポルフィリン化合物を合成することも可能である。

また、ポルフィリンをユニット構造とするポリマー(ポルフィリンアレイ)の合成も行われている。

金属錯体にする場合は、ポルフィリンを適当な金属塩と共に加熱するだけでよいことが多い。

ただし、金属の酸化数によっては全く反応が進行しない。

また、系中が酸性になるとピロールの窒素にプロトンが配位してしまい、反応が進行しなくなるため、若干の塩基を加える場合がある。

 

性質

 

   ポルフィリンはさまざまな特徴をもつ化合物群であり、錯体化学の中心的な研究課題となる化合物のひとつである。

扱われる内容は極めて広く、ポルフィリン類を専門的に取り扱う学術雑誌 Porphyrin and Phthalocyanine が発行されているほか、

百科事典的な内容を持つ Porphyrin Handbook が刊行されている。

 

光学特性

 

   一般的なポルフィリンはソーレー帯 (Soret band) と呼ばれる 400–500 nm 付近の鋭い吸収帯と、Q帯と呼ばれる 500–700 nm 付近の吸収帯をもつ。

ソーレー帯のモル吸光係数は種類によっては 106 M/cm のオーダーに達し、理論値の 100% 近い量子収率を示す。

Q帯はポルフィリン単独の場合4つに分裂しているが、錯体にすると対称性があがるため分裂数が減少することがある。

錯体の吸収スペクトルは中心の金属によって異なるため、分析試薬として用いられることがある。

クロロフィルやポルフィリン亜鉛錯体などでは、吸収した光は緩和せず、光電子移動を引き起こす。

この過程は光合成での光補修部位で進行している反応であり、生化学的な興味からの他、太陽電池への応用などが検討されている。

また、ポルフィリンは発光性であるものも多い。白金ポルフィリン錯体の発光特性は酸素分圧によって変化するため、

風洞実験をするさいに感圧塗料として機体に塗布すると圧力センサーとして機能する。また、有機ELの発光材料としても検討されている。

 

酸化還元特性

 

   ポルフィリンやその金属錯体は安定な酸化還元特性を示すものも多い。

例えば呼吸の電子伝達系で機能するシトクロムでは、中心の鉄が2価と3価の間を往復して酸化還元を行うことで電子を運んでいる。

このような特性は電気化学的なアプローチによって多く研究されているほか、有機合成などの触媒としても活用されている。

 

超分子

 

   ポルフィリンはπ共役に由来する相互作用、あるいは軸配位子による錯形成によって多彩な超分子を形成する。

ポルフィリンのみが高濃度で存在すると、上下に連なった一次元錯体を形成する。

また、DNAへも強くスタッキングするため、光治療用の増感剤としての研究がおこなわれている。

他にも、フラーレンなどπ共役系を持つ物質との相互作用が強いことが知られている。

home