大豆

                                   

                        食物繊維と植物エストロゲン「ゲニステイン、ダイゼイン」、八種の必須アミノ酸が豊富に含まれる完全タンパクといえる

  植物食品。穀類と食べ合わせることで栄養的価値は高められる。脂肪が少ない。植物化学物質が多い。コレステロールを含んでいない。

  よい食物繊維源となる。カルシウム、マグネシウム、リンなどのミネラル源。

  ビタミンB1,2,3 源。発酵食品を除いてB12が含まれていないため、その補給の必要がある。

 

恩恵                    癌と老化の予防。腎臓機能障害の緩和。血中コレステロール値を下げる。骨粗鬆症の予防。免疫システムの後押し。閉経後のほてりの緩和。

 

大豆食品と大豆加工品

 

大豆ナッツ                                   油で揚げたり、炒めたりしたもの。タンパク質、食物繊維、イソフラボンがたっぷり摂れる。脂肪、カロリーは高め。

大豆もやし                                    六日間発芽させたもの。大豆の持つ栄養素を最大限に含んでいる。

枝豆                                            未完成の大豆を莢ごとゆでて、豆だけ食べる。

豆乳                                            水に浸してすりつぶし、加熱後、漉しておからを除いて作る。乳糖は含まれていない。イソフラボン、B群、ミネラルを豊富に含む。

豆腐                                            豆乳から作られる白い個体。木綿、絹、焼きがある。

みそ                                            発酵させたペースト。脂肪は少なく、ナトリウムが多い。

しょうゆ                                         イソフラボンは含まれない。抗癌作用を持つ化合物を持つ可能性が指摘されている。

大豆プロテイン・アイソレイト              食事のかわりになるスナック・バー。

大豆粉「きな粉」                             50%以上がタンパク質のずば抜けたイソフラボン源。脱脂、低脂肪のものはさらにタンパク質の含有率が高い。

テクスチャーライズド・ソイ・プロテイン   低脂肪、低カロリー。

大豆油                                          オメガ3、オメガ6の両方とリノール酸を含む。イソフラボンは入っていない。

 

home