B      ナイアシン ナイアシンアミド ニコチン酸 ニコチン酸アミド

 

水溶性

 

トリプトファン「必須アミノ酸」 を使い体はナイアシンを作ることが出来るが、B1・B2.B6が不足していると作ることが出来ない

ナイアシンの不足   →ネガティブな人格への変化を生む 

 

成人一日/13〜19mg授乳期20mg

性ホルモン [エストロゲン、プロゲステロン、テストステロン]の合成に不可欠

コルチゾン、チロキシン、インスリンの合成にも不可欠

神経系の健康、脳の機能にも必要

 

食品中にあり、比較的安定している。加熱や保存によって効力が失われない。

 

効果                

コレステロール・中性脂肪を減らす助け、脂肪の代謝、消化系の促進、胃腸障害の緩和健康的な皮膚                      

偏頭痛の予防と緩和、血液の循環をよくし、血圧を下げる、下痢の緩和

メヌエル症候群の緩和、エネルギーを高める、口腔、唇の潰瘍と口臭の改善

 

欠乏症            

ペラグラ、ひどい皮膚炎

 

食品              

魚、赤身肉、小麦全粒粉、ビール酵母、レバー、小麦胚芽、卵、ローストピーナッツ、家禽類の肉、アボカド、ナツメ、イチジク、プルーン

 

サプリメント      

ナイアシン「ニコチン酸」                                  → 皮膚の紅潮をおこすことがある

イノシトール・ヘキサニコチネート、ナイアシンアミド  → 皮膚の紅潮をおこさない

 

毒性と過剰      

多量のナイアシンは尿酸のコントロールを妨げる →           痛風の発作

血中ナイアシン値が高い→血糖処理能力の妨げ →          肝臓の異常、糖尿病の懸念

一日/100mg以上                                         →           皮膚のヒリヒリ、かゆみの副作用。基本的には毒性はない

 

               

水、サルファ剤、アルコール、睡眠薬、エストロゲン空腹時や熱い飲み物と一緒に摂らない                       

コレステロールに問題のある人は摂取量を増やす

太陽光線に敏感 → ナイアシン欠乏症の初期の徴候  避妊用ピルに働きを妨げられる

タンパク質を多量に摂取した場合、B6の摂取を増やす

抗体、赤血球、塩酸の産出に不可欠

成人一日/1.6〜2.0mg 妊娠中2.3mg  授乳期2.1mg 適切な吸収→B12が必要 

 

効果                

B6と葉酸の共同→アミノ酸のホモシステインの破壊→心臓病のリスクを下げる                       

免疫システムの強化、腎臓結石の予防、タンパク質と脂質の適切な吸収

トリプトファン「必須アミノ酸」 をナイアシンに転換するのを助ける

皮膚と神経の障害の予防、嘔吐の緩和「つわり」 抗老化の核酸の正常な合成の促進、

三環式抗うつ剤の口の渇き、排尿障害の予防、夜間の筋肉の痙攣、足の引きつり、手のしびれ、神経炎の軽減、自然の利尿剤

 

 

home