B       リボフラビン        

 

 

水溶性 吸収が容易

排泄には蛋白質の損失を伴う → 毎日の補充      

別名 ビタミンG        

熱、酸化、酸に強く、光に弱い

成人一日/1.2〜1.7mg 妊娠中1.6mg授乳期1.8〜1.7mg ストレス下で必要量が増す

 

効果                       

成長と生殖を助ける   健康な皮膚、爪、歯。口腔内、唇、舌の潰瘍の治癒、視力増進、眼精疲労の軽減、炭水化物、脂肪、タンパク質を代謝

 

欠乏症                 

口腔、唇、皮膚、生殖器の病変

 

食品                  

ミルク、レバー、腎臓、酵母、チーズ、緑色野菜、魚、卵、ヨーグルト、豆類

 

サプリメント          

一日/100〜300mg

 

毒性と過剰           

毒性は知られていない       

 

過剰摂取の症状    

かゆみ、しびれ、焼灼感、チクチクした痛み

 

                         

光 ― 特に紫外線、アルカリ、水、サルファ剤、エストロゲン、アルコール

 

アドバイス            

避妊ピルの服用、妊娠中、授乳期、肉や乳製品をあまり食べない、潰瘍や糖尿病で食事制限を受けている人、飲酒 → B2の摂取量を増やす      

すべてのストレス状況はビタミンBコンプレックスを要求する。B2+B6+B3+C → もっとも効果が高い       

メトトレキサート「抗癌剤」→ビタミンB2の多量摂取 → 薬の効果の低減 抗生物質の摂取 → ビタミンB2の不足を招く。アルコールはB2の吸収を妨げる

 

home