育毛 増毛 抜け毛 美しい髪と肌 〜Metabolic Map〜 ダイエット 鬱 美肌

 美肌 育毛 栄養 ビタミン 抜け毛 ダイエット 脱毛

身体の免疫・組織形成・機能を高める栄養素

 

効果的な摂取とバランス

 

 

鉄のように、人間も加齢により錆びていきます。酸化します。現代人はストレス、環境汚染、飽食などから酸化に加速がつきやすい状況に置かれています。

やっかいなことに鉄と違い人の酸化は、見えない身体の内側からも始まるため、発生に対する手当は後手に回りがちです。

臓器や血液に起こる酸化は皮膚、爪、髪といった外見に、神経系統に起こる酸化は、分泌異常や頭痛、しびれ、めまいといった異常となり、

注意喚起シグナルとしての点滅を始めることが多いようです。が、あるひとつのシグナルが原因に直接繋がる。という単純なものではなく、

各系統が内包する原因の強弱の差からどれかが点滅するだけで、ひとつのシグナルには複数の原因が隠れている。と思っていた方が良さそうです。

身体は高度に発達した循環システムを維持するために、日々繊細なメンテナンスを要求してきます。

それらを知らせるシグナルを軽視したり見誤れば、酸化が引き金となった様々な病気・症状の終着駅に容易にたどり着きます。

医療の進歩により、病気そのものは治癒できるものが多くなってきました。そこでは病後の健康への対処もされますが、主眼は治療と再発の防止であり、

後の健康を永く約束するのものではありません。平均寿命の延びたことと、健康なままの寿命がイコールではないことからもそれはわかります。

だからこそ“生きている限りは健康でいたい。”アンチ・エイジング【いつまでも若々しく】の情報、商品がマスコミを賑わすのでしょう。

骨密度、血糖値、コレステロール、活性酸素など、その俎上に上がるキーワードは数多くありますが、膨大な情報の中から、

自分自身にあった調理法・量・用法を割り出すことは大変です。情報の海におぼれ、手当たり次第につかんではみたがハズレばかり。

これでは時間とお金の無駄のみならず、場合によってはよかれと思ったものの中に大きなマイナス要素が含まれているかもしれません。

ハズレを防ぎ免疫・代謝力の強い身体を手に入れるためには、まずは身体の循環システムを阻害する、過剰に蓄積した「いらないもの」の正体とその蓄積理由を知ることです。

地域、人種、性別、体格、年齢、職業、性格といった異なる状況下でも「人」はハードの部分でいえば、みな同じ循環システムを使っています。

であれば、そのハードを運用するソフトには、個々の異なる状況に合うような微調整・修正が必要でしょう。

それにより溶解・排出させるのに適した抗酸化物質の組み合わせと摂取制限・調整する栄養バランスの輪郭が見えてきます。

ここでいう「いらないもの・摂取制限するもの」は世間一般的にいわれている“身体に悪いもの”ばかりとは限りません。自分にとって「いらないもの」です。

一番適した抗酸化物質の組み合わせも同様で、自分に一番適した。ということです。

フィジカルもメンタルもいったん損なってしまえば回復に時間がかかります。これからの新千年紀はアジア.オセアニアの時代。その活動の中心を担うのは日本である。

という経済予測もあります。損なわれたままでは、これまでに培った知識、経験、体力も十分に活用できません。

そうした回復への近道、訪れる新しい時代においてあなたの可能性を最大限に生かす身体を作る「鍵」を探す旅の道案内として、

栄養素の一覧と“メタボリック・マップ”が多少なりともお役に立てば幸いです。

 

 

 

 

 

一覧の参考文献

厚生労働省刊行物

医療機関発行物

日本経済新聞

毎日新聞

朝日新聞

THE NIKKEI MAGAZINE

ウィキペディア

Vitamin Bible

THE HEART OF MAN

MAN WATCHING

日本アロマ環境協会テキスト

新千年紀はアジア・オセアニアの時代

一覧抜粋/編集

Metabolic Map 制作

神奈川県藤沢市藤沢本町4-7-18square3 2f

Hair JUNCTION

note

0466-26-9348

 

 目次

·  metabolic map

 

抗酸化物質

ネギ属の野菜

ビルベリー

コエンザイムQ10

アブラナ科の野菜、

イチョウの葉

グルタチオン

リポ酸

メラトニン

スーパーオキシドジスムターゼ

アシドフィルス菌

プロメライン

クルクミン

高麗人参

アルファルファ

葉緑素

ユッカ

ケルプ

キノコ

舞茸

霊芝

シイタケ

鮫の軟骨

プロポリス

スピルリナ

クロレラ

ローヤルゼリー

酵母

ビール酵母

トルライースト

乳清

液体イースト

 

植物化学物質

カロチノイド 

フラボノイド 

ネギ属の野菜 

ビルベリー 

コエンザイムQ10〈ユピキノン〉

アブラナ科の野菜 

イチョウの葉 

リポ酸 

メラトニン 

スーパーオキシドジスムターゼ

「植物化学物質」

 

タンパク質/アミノ酸

アルギニン 

アスパラギン 

アスパラギン酸

分岐鎖アミノ酸 

システイン 

シスチン

グルタミン酸 

グルタミン 

グリシン

ヒスチジン 

リジン 

メチオニン

オルニチン 

フェニルアラニン 

プロリン

セリン 

タウリン 

トレオニン

トリプトファン 

チロシン

 大豆

タンパク質の必要量

老化を遅らせる

  

ビタミン

B complex

B1

B2

B3

B4

B6

12

13

15

17

ビオチン

コリン

葉酸

イノシトール

PABA

パントテン酸

K

T/U

 

ケース別に必要なビタミン

抗酸化物質として働くビタミン

うつ、不安、ストレスに働く栄養素

記憶の向上

シャンプーと界面活性剤

ヘマチン

ヒアルロン酸

アルガン・オイル

ビタミン摂取の注意点

  

ミネラル

 カルシウム

塩素

クロム

コバルト

フッ素

ヨウ素

マグネシウム

マンガン

モリブデン

リン

カリウム

セレン

ナトリウム

バナジウム

亜鉛

 

12の組織塩

抗酸化物質としてのミネラル

  

脂質/

コレステロール

脂肪肝の防止

トランス脂肪酸

油/脂

アルコール

糖の種類

炭水化物と酵素

食物繊維とふすま

ダイエット

 

ハーブ

ホメオパシー、自然療法に役立つハーブ

セント・ジョーンズ・ワート

ナツシロギク

ノコギリヤシ

危険なハーブ

メカニズム

アロマテラピーの歴史

使用上の注意

医療の現場で

基材

使用方法

自然化粧品の成分

 

 アロマ・オイル

イラン・イラン

オレンジ・スィート

カモミール・ジャーマン

カモミール・ローマン

クラリセージ

グレープフルーツ

サイプレス サンダルウッド

ジャスミンアブソリュート

ジュニパー

スィートマージョラム

ゼラニウム

ティートリー

ネロリ

パチュリ

ブラックペッパー

フランキンセンス〈オリバナム/乳香〉

ベチバー ペパーミント

ベルガモット

ベンゾイン〈安息香〉

ミルラ〈マー/没薬〉

メリッサ〈レモンバーム〉

ユーカリ

ラベンダー

レモン レモングラス

ローズアブソリュート

ローズオットー

ローズマリー

 

免疫

ホルモン

消化吸収

キーレイション

ニュートラシューティカルズ

薬の皮膚への影響

タイムリリース

酸化

活性酸素

サプリメントの形状

サプリメントの略称