"); new1.document.write("
"); new1.document.write("
") new1.document.write(""); new1.document.close(); } //->





『BLADE RUNNER』   ニュー・アメリカン・オーケストラ

いい!映画もいいけど音楽もいい!

いやー、ここまで神話化した映画も珍しくないだろうか。確か監督は「エイリアン」の
リドリー・スコットだったっけ?(ネットで調べてみる)・・・あ、合ってた。良かった。

ついでに調べてみたら、正式なサウンドトラック盤はヴァンゲリスの意向で結局発売されなかったそうだ。今持っているのは、あくまでも"サウンドトラック風"のアレンジ物らしい。
でも良く出来てるよなー。映画の雰囲気そのままだもん。
ちなみに海賊版が限定2000枚で、しかもUS$34.95! いかに人気の高い作品かが伺えるエピソードだ。

映画の内容については細かく書かないが、映画を見た後で原作となった作品『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を読むと、なおさら感慨深いものがある。
「人間とアンドロイドはどこが違う?」哲学ですな。

お勧め曲
深夜、車で走るときに聴くととてもいい#5『ブレード・ランナー 〜 エンドタイトル』。ホントにカッコイイ!カンザスのフリーウェイを突っ走りながら聴くとなお最高。
#1『愛のテーマ』と#6『ブレード・ランナー・ブルース』も、映画を見たことのある人なら鳥肌モノ。実際、彼女に振られた直後の車で聴いてて涙が出たことがある(号泣)。


「デッカードなりきり度数」  ☆☆☆☆☆☆☆☆


おまけ画像

back