『Summer Sweat Soul Show』   Men's 5

Mens' 5ですか・・・。これもかなり聴き込んだCDだなー。

きっかけはなんだったっけ?あ、『屁こきましたね』だ。あれはインパクトあったよな。普通歌にしないだろ、屁は。それが妙に切ない歌い方になると"芳しい"歌になっちまった。あれは秀逸。

このアルバムには『みどりのマキバオー』の主題歌になった『とってもウマナミ』が収録されている。これもそうだがちょいアブナめの歌『デ・ソーロー・ホイホイ』も歌詞を良く噛み砕いて聴こう。
なんとなく聴きやすいのは、どれも聴いたことのあるヒット曲の一部が散らばってるからかな、多分。さっきの『デ・ソーロー・ホイホイ』は多分『セクシャルバイオレットNo.1』だと思う。『南の島の日本人』はイントロが『犬のおまわりさん』に違いない。『とってもウマナミ』は、曲は分かるんだけどタイトルが分からない。"チャーラッ、チャーラッ、チャッチャチャッチャッチャ・・・"・・・伝わらねぇな、やっぱり。でも演奏は元歌の雰囲気を充分に出してるし、上手い。

それぞれチェイサーがついてる。これが可笑しい。

お勧め曲
やっぱり#1『とってもウマナミ』でしょう。大抵のカラオケに入ってるから、ことある毎に歌ってやる。


「ウマナミ度数  ☆☆☆☆☆☆☆☆




back