『SMALL WORLD』  Huey Lewis & the News

私の中ではアメリカンロックの雄として存在しているHuey Lewis。
HL&Nとの出会いは「Power of Love」や「Doin' it (All for my baby)」だったりするのだが、このアルバムのタイトル曲「Small World」は、何度聴いても「あ、HL&Nだ」とすぐ分かってしまうぐらいHL&N的。何を書いてるのかよく分からんが、普遍的な彼ら独特のメロディと音作りはここにも生きていた。

前から思ってたんだけど、HL&Nの曲ってドライブに最適かっていうとそうでもないような気がする。じゃあ何だと言われると答えに苦しむのだが・・・。なんとなくドライブの爽快感、スピード感とは違うノリなんだよなー。どちらかって言うと、シティウォーキングかな?

お勧め曲
#1,#5「Small World」 なぜかこの曲を聴くと、真っ白な背景に浮かぶ小さな地球に向かって歩いているHuey Lewisの後姿が浮かんでくるのよねー。なんでだろ?


じっくり聴きたい度数  ☆☆☆☆☆☆☆☆




back