映創シンボルマーク




昔から疑問に思っていたこと。

「誰もいない、誰も想像出来ないような森の中で木が倒れるとき、音は存在するのか」という命題。



物理的な「空気の振動」はあるだろう。

でも・・・

聴く人が居ないのなら、「音」は存在しないのではないか。

それに、木が倒れる様子を頭に浮かべた時点で

貴方はその森に『居る』ことになる。命題に反してしまうのである。


私は、昔からこの話が好きだ。

この話を考えるとき、必ず頭の中に「無の存在」という言葉が浮かんでくる。

『無』はゼロなのか。言葉だけのものなのか。

それとも『無』というものがあるのか。

この言葉も好きである。



真意は、現在も模索中である。





Click here to close this window