つぶやかれた日 H14.9.01
「宛名入り郵便」

ふと、女房がつぶやいた。「なんで名前が入ってるのよ!

何のことか最初は分からなかったが、女房の手元には何かの郵便物がある。女房はそれをビリビリに破りながら息巻いている。どうやら通販会社の購入メンバーに対して送られてきた、提携している保険会社の資料請求用ハガキらしい。 そのハガキに初めから女房の名前、住所などがプリントされている。
女房は以前からハガキ・封筒・DMを捨てるときに宛名の部分を完全に抹殺してから捨てる主義なので、こういった「おせっかい」郵便は手間がかかるのが嫌らしい。

何故初めからこちらの名前や住所がプリントされているかと言うと、勿論今回の場合は通販会社が顧客データを提供しているからに違いない。 まぁ、住所や名前なんかはその気になればどうにでも調べられるから構わないと言えば構わないのだが、それでも勝手に他社に顧客データを渡しているかと思うと気持ちのいいものではない。 通販会社が代理で印刷し、送付してきたのなら分かる。今回の場合は保険会社からの郵便なので、明らかに顧客データを渡している筈だ。

これって、今問題になっている住基ネットの問題点と関係してこないか?知らないところで自分の名前や住所がどんどん流れ出している。DMぐらいならまだ悪影響という程の危機感は俺は持っていない。 只、情報がどこまで広がるかを考えると背筋に汗が出そうになる。顧客データを受け取った会社が、次にどこへデータを流していくかなんて我々には分からないし、それこそ『悪用しません』というモラルに頼るしかない。
個人の力でデータの流出拡大を止められないのは、正直言って歯がゆい。他人のモラルにのみ左右されるなんてのは、どう考えたって不公平だ。 止める術は恐らく無いし、『企業モラルを守りましょう』とキャンペーンを打っても、目の前にぶら下がった『利益』の前には単なる奇麗事にしか聞こえないのであろう。
これ、データだけの問題じゃないよな。食品会社の非常識な隠蔽工作も同じことだと思う。
集めたデータが価値を生むのは周知の事実。でもそのデータを扱う人間のモラルを制御できていない。企業でも官庁でも同じ。「立場」というモラルは「利益」という欲望に勝てないのではないか。

午後のひと時。女房が気持ちよさそうに昼寝しているその横で下の子が「おやつくだしゃーい」と言いながら女房をゆすり起こそうとしている。そうだよなー。現に「母親」というモラルも「寝不足」という欲望に勝ててないもんなー。
( ̄〜 ̄;)ウーン・・・



戻る