つぶやかれた日 H14.8.14
「郵便vs電話」

ふと、女房がつぶやいた。「葉書って、偉いと思うわ

「だって、電話は距離によって金額がかわるやろ?葉書は北海道に出そうが沖縄に出そうが値段一緒やん。どう考えても郵便のほうが手間かかってると思うけどなー」 はぁ〜、なるほどねぇ。今でこそ電話サービスが充実してきて遠距離でもかなり安くなってきてるし、インターネット電話だとどこへかけても金額は一緒だ。 でもそれはやはり一部の話で、大抵は遠方へ電話をすると市内通話よりも高い通話料がかかる。郵便は仕分けこそ機械が行っているが、 だからと言って自動的に郵便受けに入るわけではなく、最終的には人の手で郵便受けに入れられるものだ。 って事は、雨の日も風の日も配達してくれる郵便屋さんの人的労力は電話会社の機器保守費用や電気代よりも安いのか?
郵政三事業民営化でもめた先の国会だが、民間業者が郵便業に参加する条件として、全国に10万箇所のポストを設置することを要求しているとか。いいじゃん、別に。 新しく作らなくても。今あるポストを使えば。余程過疎の村でポストが遠いところなら回収に行けば?配達のついでに。 それぐらいするよ、民間業者は。実際田舎の方じゃやってるんじゃない?
映画とかで見たことない?広い荒野を走る道の脇にポツンとポストが立ってて、道からかなり入ったところに家がある。 そこの住人がテクテク歩いて出てきてポストから郵便を取り出し、カタンと旗を立てるといったシーン。 あんなふうにポストに旗を立てるのは「手紙ありまーす。持って行ってね」の合図。それか郵便受けに洗濯バサミでぶら下げておけばポストマンが回収してくれる。 あれは便利だった〜、と経験者は語る。一軒一軒回るのが面倒なら、集会所とかマンションの一階に私設ポストを作っとけばよくないか?盗難やいたずらが心配なら 自力でポストへ投函しにいけ、贅沢言うな。

あ、そうそう、今度は電話についてね。電話会社、と言ってもNTTの回線がないと他の通信会社の殆どが困るわけだから、 現実的にはNTTの利権が通話料金に大きく影響してるように思う。 知らんよ、本当のところは。但し電電公社の時代に張り巡らせた電話線インフラが現在『王様』として君臨してるんだろうから、
そりゃ少々高くてもしょうがないでしょう。 日○てれこむとかけーでぃ○ぃあいとかはNTTに回線使用料とかを支払ってるのかな?じゃあNTTよりも断然企業努力してるんだ、そっちの会社。だって大して値段変わんないもん。 自分とこの専用線をどれだけ持てるかって言っても、今から全国にダブって通信インフラを整備するなんていうのは無駄だろうなぁ。いっそのことNTTの回線を売っ払っちゃおう。 ISP業者に。ネット接続も早くなるってもんだ。これだけ携帯電話が普及してるんだからさぁ、有線電話を廃止してみよう。会社の中の内線も勿論PHS。一般家庭からもモジュールプラグが消える。 配線がラク。みーんな携帯電話。そこまでやれば、誰も電車の中で携帯で話してたって気にしなくなるんじゃない?

結局、郵便と電話って目的が違うように思うから、値段が違うとか安い高いの問題じゃないんじゃないのかね? 郵便が安くて偉い、と思うのならせいぜい利用してあげろよ、長電話してないでさ。



戻る