お分かりになっただろうか。左下に書いてある一文。
『この製品は、ピーナッツを使用した設備で製造しています』
意味が分からん。

女房曰く、
「ピーナッツで作った機械で作ってるってこと?」そんなわけないだろが。
「ピーナッツを加工したことのある機械で作っているから、衛生的って事を言いたいのかな?」
うーん、それも無理がありそうだ。
「この製品はピーナッツです、かな?」そんなこと書いてないだろが!
「スヌーピーやチャーリーブラウンが働いていた工場で作っているってことかな?」
無理やり過ぎ・・・。

どうにも意味不明である。日本語になってない。
時々、アジア圏で作られた電化製品の取扱説明書にも意味不明の説明が載っていることがあるが、これもその一端なのだろうか。

製造原価を下げるために海外で製造するのは企業努力なのであえて何も言わない。但し、製造責任は国内メーカーにあるのだから、細かいところまで気をつけるべきではないだろうか。
製品の品質にのみ心を砕いていても、こういうところで訳のわからない文章を平気で載せているメーカーは、いずれどこかでチョンボするんじゃないか?日本人の細やかな気配りを見せてくれよ。



戻る