ぼやいた日 H15.9.17
「何を求めているのか」

一年。54週。365日。8,760時間。525,600分。31,536,000秒。

長いぞ、結構。自分の生活の中で一年間を考えてみたらいい。どれだけのことが出来るだろう?
かく言うこの「自己満足症候群」も、おかげ様で開設1周年を迎えた。一年前とどう違うか。大して成長していないようにも思えるが、私が無駄に消費してきたバイト数はかなりのものになる。ま、そんなことはいいか。

昨年の9月17日、小泉首相は北朝鮮で平壌宣言に署名、結果的に拉致被害者5人を帰国させたことになっている。
このまま一気に北朝鮮の犯罪を日の元にさらして、認定されていない拉致被害者を含めて日本に連れ帰るかと思われたが、たった5人が帰ってきただけで一年経っても何の進展もしていない。更にその5人を北に返さないのは約束違反だとか言われても、それに対して公的に説明もしない。犯罪国家に言われたかぁねぇぞ。

先月6カ国協議が行われたが、ホスト国の中国の横槍もあって、日本の拉致問題は大した注目を集められなかった。あの協議の後、外務省は「週単位で交渉を進める」とか言っては見たが、何一つ進んでいるようには見えない。

万景峰号は、重箱の隅を突付かれつつも、今日また大量の物資を北朝鮮に運んでいった。
前から思ってたけどさー、国交のない国の船がどうして平気で人や物を運べる訳?日本じゃ政治と経済は別ってこと?金儲けかい?相手は誰でもいいんかい?自分の国の人間を無理やり連れて行った国が相手でも?ふーん、経済っちゅうのはすごいねぇ。

北朝鮮との「国交正常化」って、何が目的だ?日本にとって、どんな利益がある?いまだに『北を刺激すると暴発する恐れがある』という親北派のバカ発言があるようだけど、それじゃ「暴力に屈します」って宣言してるのと同じじゃん。暴発して破滅するのは北朝鮮だろうが。暴発って何よ?ミサイル?テロ?それとも拉致被害者の家族を返してもらえないこと?今まで何もしなかったくせに怖がってばっかりいるんじゃないよ、根性なしの政治家どもが。オタオタするんじゃない。さっさと経済制裁を加えるべきだ。いわゆる兵糧攻めだな。北朝鮮と国交のある国に圧力をかけ、一切の物資を絶つ。協力してくれた国には経済援助をちらつかせる。残念だけど将軍様への忠誠心だけで腹は脹らまないのよね〜。『将を射んとすればまず馬を射よ』。兵士が動けなきゃ、将軍様もただの人。直接交渉するより効果あるぞ。

どうも国の利益と自分の利益を天秤にかけとる輩がおるな、国会には。国が滅んでも自分が潤えばいいと考えている奴がいる。そいつらに北朝鮮と国交を結んで得る利益をきっちり説明してもらおうか。まさか正常化すればご褒美がもらえて拉致問題も解決、ミサイルの標的にならずに済むとか安易に考えとるんじゃあるまいな?あの国がそんなヤワな国かい。学習しろ、学習。プラナリアでも学習するぞ?(「怒りのページ-教育-記憶は遺伝する」参照)

拉致問題は、決して正常化の前提にしてはいかん。いや、「国交正常化」という単語自体引っ込めるべきだ。あの国に「アメ」はいらん。   



戻る