ぼやいた日 H14.4.9
「マナー無視の携帯野郎」

近頃、公共交通手段を使うと、必ずといっていいほど携帯電話の使用について車内放送がかかる。
「車内での携帯電話のご使用は他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮下さい・・・」
又、携帯電話の電波は医療機器にも影響があるそうで、ペースメーカーなどが誤作動するらしい。 『これは大変!すぐにでも携帯電話の電源を切らなければ!』と、思っている人がどれだけいる?こんな車内放送を聞いて、そそくさと電源を切る人を見たことがない。 聞こえていて従わないのであれば、その人の神経が図太いのであろうし、聞こえていないのであれば聞こえないような放送をしている電鉄会社の責任もある。(筋違いか?)

私は携帯電話を所有するようになってから、電車などに乗る前に必ずマナーモードにしている。ホントはこれでも足りないのだろうな。
何しろ「電源をお切り下さい」だもん。待ち受け状態でも電波は発信しているそうで、もし万一となりのじいさんがペースメーカー持ちだとしたら、 ちょっと怖いよな。どうなるのか見てみたい気もするけど。
いっそのこと、電車の中は電波が通じないようにシールドしてしまうと言うのはどうだろう? 少なくとも、見るからに馬鹿な女や足を閉じられない自称イケメンの兄ちゃんたちがでかい声で待ち合わせの会話をしている光景に出会わなくて済む。

それでも、最近は以前に比べると車内で着信音を聞くことが少なくなった。そのこと自体はいいのだが、 逆にメールを打っているときのキータッチ音がうるさくなった。そんなに急いでメールすることがお前等にあるのか?

ちょっと人のメールを覗いてみたくなった。



戻る