ぼやいた日 H14.8.13
「偽装・不祥事」

あっちこっちで不祥事が起こりまくっている。BSE問題で牛肉の偽装があったり、 テーマパークでゲストの安全に関わる『嘘』が発覚したり・・・。あ、政治家の不祥事も多発しましたな、今年は。いわゆる当たり年でした。
この手のニュースを耳にするたび思うのは、「責任者はどこに居る?」ということ。大抵の場合、現場担当者が「よく分からない」と 逃げ口上を打っておいて、一旦は責任の所在を有耶無耶にしようとする。しかし周囲からの追求が加速し、 色々と証拠・証言が出てくると仕方なく上層部が顔を出し「申し訳ございません」なんて言わされてる。 テレビを見てる人も、「あ、この人が一番悪い奴か」とは思って見てない。っていうか、更に悪い奴が居ることは充分承知の上だから。

しかし、ここんとこほぼ毎日『偽装』や『不祥事』という単語がニュースで発せられている。『不祥事』は以前からよく聞いてたけど 『偽装』なんて軍事っぽい言葉はホント最近だよな。それも我々が口にする食品ばっかり。 何で今になって急に偽装工作が騒がれてるんだろう?ニュースになった会社達が急にその気になって偽装を始めたのか? いやいや、そうじゃないだろう。多分(憶測でしかモノを言わないが)今までにもやってたんじゃないの?特に牛肉なんかはBSEが騒がれるようになる前から 輸入肉を国産と偽って売ってたところもあったと思う。だって、余程牛肉に精通してる人でないと国産と輸入肉の違いなんて見分けつかないもん。「スーパーの女」っていう 映画でも、精肉担当のおっちゃんが業者とグルになって国産と輸入肉を混ぜてパックして、仕入れた国産肉を業者に売っ払ってリベートを貰うなんていう手口を紹介(?)してたっけ。 やっぱりあるんだぜ、そういうこと。ってことは、我々はずぅーっと騙されてたってことか?
そりゃ、全ての業者がやってるとは思ってないよ、俺も。でも、業界の信用が 一挙に落ちてる今、疑心暗鬼になるのは当然でしょ。ま、ウチは「国産牛肉!」っつって飛びついて買わないから影響ないけどね。見得張って「ウチは高い国産牛肉でないと 口に合いませんことよ、ホホホ」なんて言ってる奴が騙されてるのはちょっと「ザマーミロ」だな。

しかし、厚生省とか役所は今まで何を管理監督してたのかねぇ。内部告発がなけりゃ、発覚もせずこんだけ社会現象にもならなかっただろう。西宮の倉庫会社社長、よく言ってくれたと思う。 結局のところ、族議員やお役人は偽装でもして利益を上げて一生懸命政治献金してくれる会社を潰したくないんだろう。あれだけ騒がれると、さすがに 何もしないわけにはいかなくて調査とかしてるけど、調査するだけして「あんたんとこ、営業停止ね」とかいう処分を出してんのか? 一番キツイ社会的制裁を加えたのは結局一般消費者でしょう。怖いよぉ、一般消費者は。
いっそのこと、いわゆる食通の人や料理学校の先生、有名料亭のご主人なんかで構成した秘密結社が抜き打ちで あちこちのスーパーや工場を検査するってのはどう?検査はあくまで秘密裏にね。で、偽装が発見されたら有無を言わさずあちこちのメディアで暴露するの。 社会的に葬ってしまうわけね。なんか必殺仕事人みたいだな。 構成メンバーは公募してもいいかな。募集キャッチフレーズは「出て来い、山岡士郎!」じゃ、主催は東西新聞か?くれぐれもその行為が新たな利権争いの温床にならないようにね。 あ、海原雄山と帝都新聞にも気をつけよう。企画を盗まれるぞ。



戻る