つぶやいた日 H17.5.1
「何を追及するか」

朝起きてから飯喰って着替えて家を出る。電車乗って会社に着いて、取引先との打合せ行って昼飯喰って、帰宅時間を気にしながら残業して、終電は何時だったかと思いながら酒飲んで家に帰って明日も早いからと家族との会話も無く寝る。

ま、業種によっては全然違うかも知れんけど、殆どの日本人サラリーマンの生活なんてこんなもんじゃねぇの?単にイメージで書いてるけどね。
この一連の流れの中で、『時間』に束縛される事柄のなんと多いことか。起床時間、出勤時間、待ち合わせ時間、帰宅時間、就寝時間・・・。
ホント日本人は時間に縛られてるなぁ。

先月末に起こったJR福知山線での列車脱線事故。原因の一つに運転手がスピードを出しすぎたことが挙げられているが、何故列車が横転するほどスピードを出さなければならなかったのかってことだよな。

まず手前の駅でオーバーランして、その遅れを取り戻す為にスピードを上げた。その遅れが約1分半。
人生の中で、1分半の遅れでどれだけの影響があるんだ?勿論電車が遅れれば乗り換えが遅れたり会社や訪問先に遅刻するかも知れん。それはそれで困るのだが、そんなに目くじら立てることなのだろうか?

もし電車のダイヤが外国並に正確でなかったらどうだろう?みんなもっと早めに動こうとして、結果的にはいいんじゃねぇのかな。

新聞によると、アメリカでは6分遅れて初めて「遅れ」と認識されるらしい。日本のように1分ぐらいは遅れの範囲ではないらしい。誤差だな、誤差。

アメリカやヨーロッパのメディアも今回の事故を取り上げてるらしいが、『悲惨な事故』というよりは『公共交通機関の正確さで類を見ない日本で起きた、ダイヤの乱れを取り戻そうとした結果起きた事故』というニュアンスが多い。

じゃあ何かい。少しぐらい遅れてもいいっちゅうんかい。欧米みたいにもっとおおらかに行こうぜっちゅうんかい。呑気な欧米人だ。

こんな意見に多くの日本人は反感を持つだろう。電車が時刻表どおりに運行されていて当たり前の生活をしてるからだ。乗り換え時間がたった2分しかなくても不安に思わず構内を走ることに慣れているからだ。ホームで時計を見、時刻表を確かめ、延着のアナウンスがないかと耳を澄ます生活に慣れているからだ。
これは正しいことなのだろうか?

遅れを出してもらっては困る。何かにつけて迷惑する。だが少々の遅れを取り戻そうとして事故を起こされても困る。矛盾するようだがどっちも正直な気持ち

遅れることで経済的ダメージを受けることもある。精神的苦痛を受けることもある。でもな、言い方は悪いがそれは自分のせいじゃないと言い訳できるのにな。やいやい言わんでも・・・と思うのだが。

JRの事故で言えば、遅れを出すということは接続列車への乗り換え客に迷惑をかけることでもあり、JR全体の信用にも関わるために会社挙げてなくそうとしていたに違いない。遅れたりオーバーランした運転手には、いじめともとれる「日勤教育」が罰として与えられていたという。それが運転手へのプレッシャーとなっていたと言われているが、甘えてもらっては困る。人命を運搬する業務についていて、安全管理上当たり前のことが出来なければもっとキツイ罰が与えられて当然だと自覚せよ。
JR労組の幹部がインタビューで『日勤教育は単なるイジメだ』と言っていたが、イジメで済んでるだけありがたいと思え。本来なら解雇だ解雇。

「遅れ」はダイヤ構成の無理もあるだろうし(恐らく収益を上げるために列車を増発したためだろうから会社の責任)、客の乗り降りに時間がかかれば当然起こることなので全てが運転手の責任ではない。だがオーバーランは誰でもない、運転手の責任だ。ちゃんと停止線で止まれない人は車の免許をもらえないのだ。そんな奴に運転させていたのかと思うと怖くて電車に乗れないぞ。
しかし40mもオーバーランするってぇのは、車に例えるとどれぐらいの距離になるのだろうか。どれだけぼーっとしてたら40mも駅を通り過ぎれるのだろうか。

そういや先週、羽田で信じられんようなオバカな事件があったな。
その時の担当管制官18人全員が滑走路の閉鎖をド忘れしてたという事件。パイロットが何度確認しても平然と閉鎖された滑走路への着陸を指示したとか。緊張感のなさがありありと伺える。

人命に関わる職業は多々ある。特に交通機関は一度に多くの人命を預かっている。それらの会社・従業員は、もっと自分の仕事の重要性を認識すべきだ。

いや、人命云々だけではない。国家の安全に関わる仕事や国の運営に関わる仕事は、それこそ一つ間違うととんでもないことになるという自覚をもっと持つべきだ。国会議員や役人全員に言えることだが、事なかれ主義では済まんのだよ。自分の仕事に誇りと自覚を持てよ公務員。と、そっちにも一言添えておく。

しかしなぁ。事故に関する情報を先入観で発表したり、数値を都合よく改竄したりするなんざぁとんでもない。金儲け主義で安全確保が疎かになっていては元も子もない。「安物買いの銭失い」の具現化。

俺は、何か事故が起こった直後は一番安全だと思ってる。みんなが一番気をつけるからだ。でもJRや日本航空はそうではない。立て続けにオーバーランや整備不良が続発している。何考えてんだ?社内訓示やら通達なんか何の役にも立ってない。マスコミ向けのパフォーマンスでしかない。

そういや、国土交通省の監督責任問題に発展しないのは何故だ?



今回も行き当たりばったりで書いてしまった。もっと書きたいことがあった筈なんだがなぁ。特に今回は散文的になってしまったことをお許し願いたい。



事故でなくなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


戻る