つぶやいた日 H17.1.7
「怒りの矛先」

新年明けましておめでとうございます・・・等と素直に喜べない。何がって色々あるじゃん。年末にインドネシア付近で大地震、奈良では少女誘拐殺人、イラクでは自爆テロ続発、北朝鮮は相変わらず恫喝外交、中国は内政干渉、全国の縁日で偽札蔓延、大阪市ではカラ残業発覚、紅白視聴率40%を下回っても失敗とは認めないエビ会長はまだ辞めない、増税しても自分の給料は減らさない役人共・・・。

どこがめでたいんだ。怒りを表に出さない日本国民のおつむが一番めでたい。

俺なんかはあんまり怒りを溜め込まない方なんで、こうして自分のホームページでバンバン好き勝手書いてるが、他の人はどうなんだろう?
個人的にはポツポツ愚痴こぼしたりテレビに突っ込んだりしてるんだろうけど、その声が相手に届かないことに対してどう思ってるんだろう?

外交問題でいつまでたってもモタモタして進展のない外務省の尻を叩くメールを送ったことがあるか?テロ撲滅の為に国際社会に訴えたことがあるか?近所に性犯罪歴を持つ人間が住んでるかもと疑ったことがあるか?犯罪の低年齢化を防ぐ為にタバコを吸ってる中学生に注意してるか?派閥争いばっかりしてないで住民の意見を聞けと地元の議員に文句言ったことあるか?税金の無駄遣いをしてる役人を背任罪で訴えようとしたことがあるか?

現実問題として、これらはかなり無理があることは分かっている。役人は一市民の意見なぞ聞きはしないし、資金がなけりゃ国際社会で活躍も出来ない。回りの人間を全て疑ってかかるわけにもいかないし、中学生に注意して逆ギレされてはたまらない。
民間人の意見、世論が物事を動かしている例はごく稀である。最近では北朝鮮への経済制裁を政府・与党が言い出したことと、NHK・海老沢会長が辞任を示唆し始めたぐらいか。


日本人は第二次世界大戦に負けて以来、声を出すことを忘れてしまったんじゃないか?その昔は朝鮮半島へガンガン出兵し満州に国を作り、大戦前は南アジアにまで幅をきかせる程の勢いがあった(調べてないんで、間違えてたらゴメン)。
ところが大戦に負けるとアメリカから押し付けられたご都合憲法をずるずると引きずり、その呪縛から逃れられないでいる。まるでいじめられたカタツムリのようだ。突付かれて触覚を引っ込ませ、恐る恐るツノを出すとまた突付かれる。あたりをキョロキョロしてそーっと動こうとするとまた突付かれて殻に閉じ篭もる。経済成長と引き換えに『主張する』力を失った日本。カネがあれば文句はあるまいとばかり、海外で大金をばら撒いて顰蹙を買う。国連にいくらつぎ込んでも認めてもらえないし、その事に声を荒げない。このあたりはどっかの将軍様を見習って欲しいぐらいだ。

何も国際社会においてだけじゃない。市民生活の中で怒りの声をあげた事がどれだけあるか考えてみて欲しい。
税金が高いとは思うが「しょうがない」の一言で我慢する。上の階で子供が暴れてても「子供はしょうがないよ」と、注意もしない。信号無視をする高校生は見て見ぬフリ。市役所の窓口が混んでいるけど我慢して二時間も待つ。銀行金利が皆無に近いほど低くなっているのに行員の給料が多すぎると直接文句は言いに行かない。

何だろうね。少なからずみんな怒りのネタを持ってる筈なのにね。
そりゃ家の中で文句言ってるだけなのと、直接口に出して相手に文句を言うのは、それに必要なエネルギーが違うわな。ものによっちゃリスクも大きい。だから怒りを顕わにしないと言う人よ、ホントにそれでいいの?いつまでたっても自分の思っていることは伝わらないよ?

『日本人はおとなしい』と言われる。特に海外では。英語が出来ない分引っ込み思案になり、英語でまくし立てられるとよく理解してないのにYESと言う。海外に出たことのある人なら分かるだろうが、自分の主張をしない人は生きていけないのだ。成り行きに任せていては飯も食えんしどこへも行けない。

主張することは決して悪いことではない。むしろ主張しないと損でっせ。勿論無茶な主張は叩かれて終わりだけれど、黙っているから変わらないのだ。思ったことを言う。ホームページでもいいし、ブログでもいい。主張する場と方法はいくらでもある。『どうせ自分一人が何か言ったって何も変わりゃしないんだし』と悲観するなかれ。何事も最初は一人の思いから始まるのだ

こうして自分を弁護しつつ、今年も怒りをぶちまけていこうと心に誓うとーとーであった。



戻る