ぼやいた日  2002/07/08
「何を調べる?」
 

突然、ADSLモデムが反応しなくなった。
その日は、前日からほぼ24時間接続しっ放しで、休憩する際にLANカードを抜き、しばしPCの前から離れていた。
約30分後に再度接続しようとすると反応が無い。
「むーっ?」私はただ唸るのみであった。
モデムの表示は全て正常である。「なんか設定変えちまったかな?」
答えはNO。カードを外すだけで設定が変わることなどありえない。
じゃあ何だ? あちこち見てみたが、何も異常は無い。

翌日、私は友人に電話した。彼も同じADSL業者を利用している一人である。
設定あれこれ見たが、結局IPアドレスも取れているのに繋がらない。
「電話サポートにかけてみれば?」おぉ、それが早い。「確か、電話サポート始めたらしいから。でも、W杯の日本戦のチケット取るより繋がらんらしいぞ」

早速電話してみる。『只今、電話が大変込みあっております。今しばらくお待ち下さい。』やっぱりね。約10分後、『お待たせしました・・・』と女性の声。
「えーっと、突然繋がらなくなったんですが」
『どういった状況でしょうか?』
「あれこれあれこれ・・・」
『では、少々確認させて頂きます。現在パソコンは操作できる状態ですか?』
以降、彼女の指示であちこちの設定を確認していくが、特に設定には問題は発見されない。

「えーっとですね、心当たりがあるとすれば、ほぼ丸一日電源を入れっぱなしにしてたんですよ。モデムがかなり熱くなってまして、それが原因って事は無いですか?」
『モデムのファームウェアのアップデートはされましたか?』
「あー、してないですね。やっぱりそれですか」
長期間接続し続けますと、エラーが出る恐れが確かにございます。現在インターネットに接続できない状態ですから、アップデートは出来ませんね。とりあえずこちらで調査いたしましてご連絡させて頂きます。一、二週間ほどお待ちいただけますか?』
「え?二週間もかかるんですか?」
『早ければ一週間ほどでお電話できると思うんですけど・・・』
「・・・じゃあ、お願いします」

結論から言うと、この後久しぶりにダイヤルアップでネットに接続し、ファームウェアをDLしてインストールしたらあっけなく回復した。
確かにADSL業者から「ファームウェアの更新を」というメールが来ていた。しかし、そのメールには「一ヶ月以上接続している場合、モデムにバグが出る恐れがあるため・・・」と書かれていた。
普通、常識的に考えて「一ヶ月以上接続している場合」と書かれているのを見て、たった一日つなぎっ放しにしてバグると思うか?
そんな重大なバグがあるんなら、アップデートをユーザー任せにしないで欲しい。更に言わせて貰えばあんな状況でバグるなんぞ、常時接続には向かないだろが。最初から判ってなかったのか?

で、サポートのお姉ちゃん、聞くの忘れたけど、一体何を調べてくれるの?



戻る