IT資格ナビ




Office Master


試験詳細
正式名称
Office Master
Office Master」
とは
Microsoft Office 製品に対する全体の理解、それらの高度な機能を使う能力、 およびMicrosoft Office 製品間を統合する能力を評価する称号です。

認定条件
Office 2000 / Office XP / Office 2003 Editions の中から全て同一バージョンで、必須3科目(Word Expert、Excel Expert、PowerPoint)と選択1科目(AccessまたはOutlook)の計4科目に合格し、各科目の合格認定証を保有していること。

※Office 2000試験は2006年6月30日(金)をもって終了します。

実施期間
Office 2000試験は2006年6月30日(金)まで。

他のバージョンの終了時期は未定。
取得者の声

・ 「わからない人に教えてあげられるようになり、学校や職場で頼られるようになった」

・ 「いろいろな仕事を任せられるようになり、上司や同僚からの信頼感が高まった」

・ 「複数科目に挑戦するため、取得後の達成感が違う」

・ 「オフィス マスター取得という結果が得られ、自分自身の自信にもつながった」

・ 「Officeスキルの総合力が客観的に提示できるため、就職や転職活動に有効だった」

申請方法
2005年11月1日以降に取得条件の最後の科目に合格し、かつ取得条件科目すべてを同じ受験者IDで取得した方には「Master認定証」が自動的に発行されます。その場合、申請フォームからお申込みいただく必要はありません。それ以外の方は、申請フォームからお申込みください。

詳細はこちら
手数料
無料
関連サイト
問い合わせ先
マイクロソフトオフィススペシャリスト公式サイト
関連資格
資格名
MOUS

HOME