IT資格ナビ




MOUS


試験詳細
正式名称
マイクロソフト オフィス スペシャリスト
資格区分
民間資格
試験実施日
随時
受験申込み
受験日の10日前まで
受験手数料
スペシャリスト(一般)レベル・・・・・10,290円(税込)
エキスパート(上級)レベル・・・・・・12,390円(税込)
試験会場
全国各地
詳細はこちら
製品バージョン
マイクロソフトのOffice製品はそのバージョンごとに新しい機能が追加されたり、改良されたりしています。Microsoft Office Specialistではバージョンが違う場合、同じ『Word』などのソフトであっても、それぞれ別の科目と考えています(資格のバージョンアップや更新制度はありません)。現在は下記の3つのバージョンについて資格認定が行われています。

・Office 2003 Editions
・Office XP
・Office 2000※

※Office 2000試験は2006年6月30日(金)をもって終了します。

試験科目
3つのバージョンについて、下記の試験科目が実施されており、それぞれが単独の資格として成立します。

・Word
・Word Expert
・Excel
・Excel Expert
・PowerPoint
・Access
・Outlook
試験範囲
詳細はこちら
試験時間
各試験により異なる(45〜50分)
詳細はこちら
合格率
85〜90%
期待される技術水準
【スペシャリストレベル】
基本的な機能を効率よく利用して、一般的なビジネス文書やスプレッドシートを作成し、その変更・印刷等の作業を行うことができる。

【エキスパートレベル】
スペシャリストレベルで要求される基本的な機能を十分理解した上で、用途や目的に応じて、環境設定・デ−タの有効活用等の高度な機能を駆使した作業を行うことができる。

「MOUS」とは
元々は、Microsoft Office User Specialist の略語だった。現在「User」の部分は省略されたが、「MOS」という呼び方はあまりしない。世間では「MOUS」という呼び名で浸透している。

関連書籍
書籍
関連サイト
問い合わせ先
マイクロソフトオフィススペシャリスト公式サイト
役立つリンク
MOUSの部屋
IT資格情報提供の部屋(pafu)
関連資格
資格名
Office Master
初級シスアド
.com Master
MCA
IC3

HOME