IT資格ナビ




MCP


試験詳細
正式名称
Microsoft Certified Professional
資格区分
民間資格
試験実施日
随時
受験申込み
随時
受験手数料
15,750円(税込)
試験会場
アール・プロメトリック株式会社の公認テストセンター
ピアソンVUE公開テストセンター
資格種類
<新資格>

●MCTS(マイクロソフト認定テクノロジー スペシャリスト)
特定のテクノロジーに関する詳細な専門知識とノウハウを持つプロフェッショナルであることを証明します。

●MCITP(マイクロソフト認定 IT プロフェッショナル)
特定分野の専門知識をアピールする資格です。この資格を通じて、データベース管理、データベース開発、またはビジネス インテリジェンスのエキスパートであることを容易に証明できます。

●MCPD(マイクロソフト認定プロフェッショナル デベロッパー)
特定分野のノウハウをアピールする資格です。この資格によって、Windows アプリケーション開発、Web アプリケーション開発、またはエンタープライズ アプリケーション開発のエキスパートであることを容易に証明できます。


<MCPの基本となる資格>

●MCP (マイクロソフト認定プロフェッショナル)
MCPプログラムの基本となる資格です。
マイクロソフト製品の実践的スキルや幅広い知識を認定する世界共通資格です。


上位資格
<IT Pro向け>

●MCDST (マイクロソフト認定デスクトップ サポート テクニシャン)
サポート スタッフとしての経験の有無にかかわらず、IT プロフェッショナルとしてのキャリアを高める上で、重要なステップとなる資格です。
Windows ベースのデスクトップ環境における高いトラブルシューティング能力を有したデスクトップ サポート技術者であることを証明します。

●MCSA (マイクロソフト認定システム アドミニストレータ)
システム アドミニストレータ向けの資格です。
マイクロソフト Windows をプラットフォームとするシステム環境の管理、トラブル シューティングを適切に行うスキルを持ったエンジニアであることを証明します。

●MCSE (マイクロソフト認定システム エンジニア)
システム エンジニア トラック最上位資格です。
マイクロソフト Windows OS および Server をプラットフォームとするインフラストラクチャの設計、実装スキルを持った専門性の高いエンジニアであることを証明します。

●MCDBA (マイクロソフト認定データベース アドミニストレータ)
Microsoft SQL Server データベースの設計、管理を行うデータベース スペシャリストを対象にした上位資格です。
Transact-SQLを利用したデータサービスの作成、データベースの 管理とメンテナンス、セキュリティの設定と管理など、SQL Server のインストールと環境設定などを行うスキルを持ったエンジニアであることを証明します。


<開発者向け>

●MCAD (マイクロソフト認定アプリケーション デベロッパー)
開発者向けの上位資格です。
エンタープライズ ソリューションの開発チームにおいて、そのソリューションに包含されるアプリケーション、コンポーネント、 Web クライアントおよびデスクトップ クライアント用のコンテンツ、バックエンドデータ サービスなど部分的なコンテンツの開発、 メンテナンスを行うスキルを持った技術者であることを証明します。

●MCSD (マイクロソフト認定ソリューション デベロッパー)
開発者向けの最上位資格です。
マイクロソフトの開発ツール、テクノロジ、プラットフォームを利用して開発を行う技術者の知識とスキルを証明するための資格です。


<トレーナー向け>

●MCT (マイクロソフト認定トレーナー)
マイクロソフト認定技術教育センターで、MCP 資格者育成を始め高いクオリティのエンジニア育成のトレーニングを行うことができる認定資格です。認定には、該当 MCP 試験の合格だけではなく、トレーニング スキルのチェックなど、認定のための特別なステップが用意されています。

試験範囲
-
試験時間
-
合格率
有効期限
製品のバージョンアップ毎
関連書籍
書籍
関連サイト
問い合わせ先
マイクロソフト認定プログラム事務局 MCP 担当
ピアソンVUE
アール・プロメトリック株式会社
役立つリンク
当資格関連のリンク募集中です。
リンクを希望される方は掲示板にURLを添えてご記入願います。
掲示板URL
関連資格
資格名
情報セキュアド
情報セキュリティ
データベース
ネットワーク
.com Master
MCA
シスコ技術者認定

HOME