IT資格ナビ




エンベデッドシステム


試験詳細
正式名称
テクニカルエンジニア(エンベデッドシステム)
資格区分
国家資格
試験実施日
春期試験(4月第3日曜日)の年1回
受験申込み
春期試験(1月中旬から約1か月間)
受験手数料
5,100円(税込み)
試験会場
全国各地
試験範囲
詳細はこちら
試験時間
午前:9:30〜11:10(100分)
午後機12:10〜13:40(90分)
午後供14:10〜16:10(120分)
合格率
10〜15%
期待される技術水準
(1)マイクロプロセッサやシステムLSI などを組み込む立場から、ソフトウェア開発の要求仕様をまとめることができる。

(2)要求仕様書を分析し、ハードウェアとソフトウェアの適切な組合せによって、エンベデッドシステム開発工程の計画及び管理ができる。

(3)機能設計、詳細設計、システムの実現、ハードウェアとソフトウェアを結合した総合テストなどの一連の作業を実施できる。

(4)情報技術及び制御技術などに関する基礎から先端までの知識をもち、要求されたエンベデッドシステムを開発する当該分野の知識を速やかに獲得でき、当該分野の専門家と技術上の打合せができる。
関連書籍
書籍
関連サイト
問い合わせ先
情報処理推進機構
役立つリンク
準備中です。
関連資格
資格名
基本情報技術者
ソフトウェア開発者
JAVA認定資格

HOME