IT資格ナビ




CompTIA


試験詳細
正式名称
CompTIA
資格区分
民間資格
試験実施日
随時
受験申込み
随時
受験手数料
●CompTIA A+ Core Hardware・・・19,635円(税込)
●CompTIA A+ OS Technologies・・・19,635円(税込)
●Network+・・・27,825円(税込)
●i-Net+・・・27,825円(税込)
●Server+・・・27,825円(税込)
●Linux+・・・27,825円(税込)
●CDIA+・・・28,140円(税込)
●e-Biz+・・・28,140円(税込)
●Security+・・・28,140円(税込)
その他詳細はこちら
試験会場
アール・プロメトリック株式会社の公認テストセンター
ピアソンVUE公開テストセンター
資格種類
● A+
クライアント環境の運用・管理業務における、“顧客側の環境の理解と最適な環境へ導く能力を評価。

● Network+
ネットワーク技術業務における、“顧客側の環境の理解と最適な環境へ導く能力を評価。

● Server+
PCサーバの運用管理業務における、“顧客側の環境の理解と最適な環境へ導く能力を評価。

● CDIA+
ドキュメントソリューションを提案できる人材を評価。

● Security+
セキュリティ技術業務における、“顧客側の環境の理解と最適な環境へ導く能力を評価。

● i-Net+
インターネット技術業務における、“顧客側の環境の理解と最適な環境へ導く能力を評価。

● Linux+
Linux技術業務における、“顧客側の環境の理解と最適な環境へ導く能力を評価。

● e-Biz+
e(IT)ビジネス推進の流れを作らなければならない人材の知識と、最低限のクロージング、サポート能力を評価。

● CTT+(CBT)
業界横断型インストラクタ資格。受講生の信頼を掴む、コミュニケーション、プレゼンテーション、インストラクション能力。

● CTT+(VBT)
CTT+(CBT)の二次試験。20分間インストラクションしている姿を取ったビデオを提出。

● Project+
プロジェクトの成功に必要なビジネス知識・個人のスキル。プロジェクトマネジメントの過程を備えた人材の育成に重点を置いています。

● HTI+
ホームインダストリーのオートメーション化における、様々な環境(水周り、音響、照明、ネットワーキングなど)の理解と、最適な環境へ導く能力。

● RFID+
RFID製品のハードウェアおよびソフトウェア機能のインストール、メンテナンス、リペア、維持管理におけるRFIDに関する知識とスキルを評価。


試験科目
詳細はこちら
試験範囲
詳細はこちら
試験時間
試験により異なる
合格率
目的

『各業務において、現在・将来に渡り必要とされている人材を効率的に輩出すること』

CompTIA認定資格の各資格の開発経緯は、「IT業界の流れそのもの」を表します。1993年にクライアント環境の運用管理業務を理解する人材が急激に不足するといった事態に対処するため、「A+」が開発され、クライアントを繋ぎ合うネットワークの考えから始まり(Network+)、世界をつなぐインターネット技術の普及(i-Net+)、クライアントサーバの一般化(Server+)、LinuxOSの誕生(Linux+)、セキュリティ社会の急務(Security+)と、各業務における実務能力の「ものさし」として増加しています。

関連書籍
書籍
関連サイト
問い合わせ先
CompTIA JAPAN
アール・プロメトリック株式会社
ピアソンVUE
役立つリンク
当資格関連のリンク募集中です。
リンクを希望される方は掲示板にURLを添えてご記入願います。
掲示板URL
関連資格
資格名
CIW
MCP
シスコ技術者認定

HOME