『明日はにく食べたいぞ、メイ。』
……ん?
一気に目が覚めた。
が、背中におぶわれているのが心地よいので聞かなかった事にする。
食べたいと私に言っても仕方がないわよ。それは食堂のおばさんに言って頂戴。
そう心の中で思ったが、部屋につく前にまた眠りの中に埋没していった。

こういうのの方がありそう…(笑)



SS TOP
TOP