飯詰朝野球部  平成24年度成績・報告          

 

残念ながら・・・準決勝敗退しました(T_T)

<準決勝>

飯   詰 対 日本原燃野球部(六ヶ所代表) 

飯 詰    0000000|0

日原燃   500010×|6

投手 和島睦矢−捕手 長峰健   長打 二塁打 神成謙作

日本原燃野球部は昨年の県大会で1回戦で対戦したチーム。雨で日程の変更、開催場所が八戸市の事もあり、主力メンバーが揃わずという事もあって、8対0で一方的に敗戦した相手。今年は地元の利を活かしと燃えるナイン!初回よりランナーを出しリベンジに燃えるも、準々決勝まで連投した主戦和島睦矢の調整が万全でなく四球の連続で相手につかまり、5点を先制される。相手チームの投手は二番手という事で逆に力みがあり、打線がつながらず、零点に抑えられてしまいました。昨年のリベンジにならず、この仮は来年以降に持ち越しです。

五所川原市代表として11年ぶりのベスト4進出。これも偏に飯詰皆さんの大応援があったからこそと感じております。どの試合も相手スタンドよりも我がスタンドの方がはるかに人数が多く、声援も大きく、まさに地の利を生かした戦いをものにできました。力の差はあるものの、チームワークではどのチームよりも優れている「飯詰」ですので来年以降も頑張っていきたいとい思います。

本当に飯詰の皆さんの応援ありがとうございました。

 

9月16日(日)の試合結果 勝ちました!

<3回戦>

飯   詰 対 森田クラブ(つがる市代表)  

森田ク0000000|0

飯 詰0010000|1

手 和島睦矢−捕手 長峰健    長打 三塁打 其田正敬

相手は地元つがる市の代表チーム、選手個々の“手の内”は見極められて試合展開はとても苦戦しました。先頭バッター其田正敬のテキサスグランダーを相手野手の連携ミスにつけ込み先制点を先取。
昨日の二回途中より登板した和島睦矢の好投と堅守で勝利を得ました。初のベスト8進出。

 

<準々決勝>

飯   詰 対 ベルテックス(黒石市代表)  

ベルテックス0000000|0

飯    詰1010000|2

投手 和島睦矢−捕手 長峰健

相手はパワーと長打が売りのチーム、我々の後のゲームでしたので飯詰の選手は驚きと緊張が隠せない様子。エース和島睦矢は昨日の二回途中より18イニング無失点の好投。多少のミスはあったものの流を壊さない。野手個々の好プレイで得た記録。

これでベスト4進出。五所川原市代表としては11年ぶりのベスト4入りで関係者より暖かい声援を戴いております。

<総評>和島 政彦

今日も炎天下の中、飯詰OBの方々、飯詰の野球愛好家の方々、他皆々様の多数の応援で勝利をもぎ取る事ができました。
選手一同心より感謝申し上げます。初のベスト4進出です。飯詰の歴史を塗り替えました。22日(大会三日目)は9時より準決勝が行われます。
相手は昨年1回戦で苦汁を味わされた、六ヶ所代表の日本原燃野球部です。このチームは元プロ野球選手やエース和島睦矢の先輩方が多数所属する東北屈指の強豪チームです。昨年のリベンジを果たしたいと思います。

我々も応援下さった方々も、ここまでくれば優勝を狙いに頑張っていきたいと思っております。選手一同は個々のプライドと楽しい野球をするために!そして飯詰に明るい話題を振りまく為に頑張っておりますので、より一層の飯詰皆さんの応援を宜しくお願いします

 

<9月1日、青森市の東奥日報本社での県大会の抽選会の結果報告>

第47回青森県朝野球選手権大会

   期日 平成24年9月16日・17日・22日 予備日23日・30日

   会場 五所川原市営球場・金木運動公園野球場(金木町川倉)

       板柳町民球場(板柳町)・大高山総合運動公園(鰺ヶ沢町)

        月見野野球場(つがる市森田)・五所川原工業高校野球場

   開会式 平成24年9月16日 午前8時〜 五所川原市営球場 

   大会日程トーナメントは添付ご参照ください。※以下飯詰・五所川原代表関係抜粋

   飯   詰    16日 12:00〜於:五所川原市営球場  

          入口剛球(むつ代表)対ホテルグランヒルつたや(三沢代表)の勝者 

   小山内車輛     16日 14:30〜於:板柳町民球場    野辺地運輸(上北郡代表) 

            ※下岩崎の濱舘陽介くんが活躍しています

  相撲茶屋ちゃんこ 16日 9:30〜於:五所川原工業高校野球場  カットスペースブルドック(青森代表)

  クラブ金木    16日 11:30〜於:大高山総合運動公園  アトラス測量(八戸代表)

            ※飯詰白旗の和島良介くんが活躍しています。

  森田クラブ(つがる市代表) 16日 10:30〜於:五所川原市営球場

                  上沢田ローリングス(十和田代表)

            ※北新の黒川雄太くんが活躍しています。他にも飯詰関係者いるかと思いますが和島の記憶にはここまで!

  東奥日報への掲載は9月10日〜13日の朝刊の予定!!

  飯詰の広報9月15日号には掲載予定です。※原稿・写真を既に届け出済み。

  飯詰朝野球部OBには今週中に配達予定です。

   地元での開催・ホームグランドでの試合、先日県民体育大会軟式野球競技において五所川原市は

   2年連続優勝しておりますが、そのメンバーに「飯詰」の選手が4人含まれており

   この状態から頂点を狙えるところもまで見えてきました。

   選手諸君は個々に自主トレに取り組んでおり、8/128/198/269/2
   ミニミニキャンプで反省点を補い、鍛錬しているところで
9/9の全体練習で最終チェックといた、
   頂点に向けて準備しております。

                  飯詰の皆さんの応援を宜しくお願いします。

 

<7月12日 和島様よりの報告>

五所川原朝野球「なリーグ」の全節が終了しました。成績を下記にてご連絡致します。

1位 小山内車輛  7勝2敗0分 ※下岩崎の濱舘陽介くんが活躍しています。

2位 日産クラブ  6勝2敗1分 ※北新の工藤勝浩さんが監督、寺町の三戸智裕くんが活躍しています。

3位 サンビック  6勝3敗0分 

4位 飯 詰     6勝3敗0分

5位 斎勝建設    5勝4敗0分

6位 ラブラブ    4勝4敗1分 ※五本松出身の福士孝幸くんが活躍しています。

7位 山口水道    4勝5敗0敗

8位 ウエスタン  4勝5敗0敗 ※五本松の岡田孝祥くんが主将で頑張っています。

9位 Bクラブ    1勝8敗0敗 

10 ルネハイコンポ1勝8敗0敗 ※北新の中谷賢治くんが活躍しています。

*同率は直接対決による。

飯詰皆さん方の応援ありがとうございました。お疲れ様でした。昨年の優勝からはだいぶ順位を落としましたが、何とか代表決定戦行きは手に入れました。代表決定戦は後日抽選会で相手が決まりますが、

なリーグ1位 小山内車輛

なリーグ2位 日産クラブ

どリーグ1位 相撲茶屋ちゃんこ

わリーグ1位 クラブ金木(まだ確定順位ではない、和島良介くんが活躍しているチーム)の何れかと対決し勝利すれば、選手権出場を手にいれる事ができます。

選手諸君は今季リーグ戦での反省するべき点を克服し最後の力を振り絞って挑む心意気でありますので飯詰皆様の一層の応援を頂ければ幸甚にございます。応援よろしくお願いします。

 

 

>>戻る (野球部TOPへ)    HOMEへ